マゴチ ライン・ハリス ロッド・リール 仕掛け

食べて美味しい旬の「マゴチ」をぶっこみ釣りで狙う

2018/11/18






LINEで送る
Pocket

フィッシュイーターであるマゴチは、シロギス釣りで針に掛かったキスに食いついてくることがあります。

そんなマゴチをぶっこみ釣りで狙うことができます。

投げマゴチとでも言いましょうか?

 

マゴチ

引用元(http://www.zukan-bouz.com/)

標準和名はコチ

フラットヘッドとも呼ばれる(ちなみに、フラットフィッシュはヒラメ・マゴチの総称)

水深の浅い砂地に生息する魚で、シロギスを代表する小魚やエビなどを捕食しています。

特にルアーフィッシングでの人気が高い。

市場にあまり出回らず一般的には馴染みのない魚ですが、味が良く白身の高級魚として知られていてお刺身や煮付けが大変おいしい魚です。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑
水産物関連のベストセラーを執筆する藤原昌高(ぼうずコンニャク)がWEBで提供する魚貝類図鑑。圧倒的な情報量(基本情報から食べ方・料理方・加工品・歴史まで)を誇っています。掲載種は2500種以上。
スポンサーリンク

 

初夏~秋まで狙うことができ、シロギスの投げ釣りが盛んな時期はルアーで狙う人が多い。

夏のイメージが強く照りゴチと呼ばれるくらいですから、梅雨の終わり頃からがシーズン。

ルアーで狙うには日中やマズメがメインになりますが、ぶっこみ釣りではエサを求め活発になる夜釣りがメインになります。

 

夕涼みがてらの半夜狙いがおすすめ

 

ぶっこみ釣り(投げ釣り)で釣れるマゴチは40~50センチほどのものが多く、60センチクラスも狙うことができるのでとても魅力がある釣りです。

画像の上がマゴチ、下がヒラメ

 

 

タックル・仕掛け

☑竿・リール

磯竿であれば3号~5号

投げ竿であればオモリ負荷20号以上なら十分。

リールは、中型のスピニングリールでも良いが、アタリは竿先が一気に入ることが多いのでドラグフリー機能が付いている中型(以上)スピニングリールを用意できると安心です。

【ぶっこみ釣り】おすすめ「磯竿」は遠投モデルで決まり!
ぶっこみ釣りは、磯竿を使用して簡単な仕掛けを投げて待つだけ・・・色々な魚が狙える五目釣りから、大型のマダイやクロダイ(ちぬ)、スズキ(シーバス)などを狙うことができる幅の広いおすすめの釣法です。穂先が柔らかい磯竿の特徴を活かし、食い込みを良くすることで好釣果が期待できます。また、同じモデルを揃えることは大きなメリットに
【大物投げ釣り】リール8選!置き竿(ドラグフリー)におすすめモデル
投げ釣りの置き竿スタイルで、大物のアタリに対しスプールが逆転する「ドラグフリー釣法」に対応したダイワのQD(クイックドラグ)やシマノのTD(瞬間起動ツインドラグ)仕様の8モデルを比較。(ダイワ)トーナメントサーフ、サーフベーシア、パワーサーフ、ウインドキャスト、(シマノ)パワーエアロ、スピンパワー、プロサーフ

 

☑道糸

マゴチは、比較的浅いところで釣れるため遠投の必要なく、道糸に関してはPEラインでもナイロンラインでも好みで選択して良いのですが、サーフでの置き竿では道糸が砂で擦れてキズが入ってしまうことがあるため、キズに弱いPEラインよりもナイロンラインの方が安心です。

交換時期はいつ?「道糸」ナイロンラインの寿命は、意外と短い!
釣りで定番の道糸と言えば、ナイロンライン。寿命の長いPEと比べて、劣化が早いナイロンは、定期的な交換が必要となってきます。とは言っても、どれくらいで交換すれば良いのか?ナイロンは、一度使用すると劣化が始まってしまうので、使用期間と釣行回数を合わせて考えてみました。

 

☑仕掛け

天秤は、L型の誘導タイプを使います。

ハリスは張りのあるフロロカーボン5号が基準。

この釣りはハリスを太くすることで釣果が変わることはまずないので、不安なら太くすると良いですね。

 

仕掛けはシンプルな一本バリ仕掛け。

万能針である丸セイゴの16号を標準に、がまかつのキングサーフもおすすめです。

市販の仕掛けも色々とありますので、釣具屋さんでチェックするのも良いと思います。

初心者必見!大物釣りに使える富士工業おすすめの定番天秤4選
投げ釣りに使用する天秤はたくさんの種類があります(ジェット天秤、L型天秤、遊動式、固定式、オモリ脱着式など)その中で大物を狙う投げ釣りに使用される大定番(富士工業)の天秤を紹介します。ジェット、デルナー、タングステン仕様

 

☑エサ

マゴチを狙うにはキビナゴやサンマ、イワシの身エサが一番良いとされていますが、エビやユムシなどでも釣れます。

投げ釣りで釣れたキスや堤防ならサビキで釣れたアジなど、生きエサが手に入れば釣れる確率はさらに高くなります。

やっぱり活き餌【泳がせ釣り】小魚をエサに大物を狙う方法とは?
アジ(小魚)をエサに泳がせて待っていると・・・白昼堂々、竿先がガンガン叩き揚がってきたのは?・・・顔を出したのはヒラメ。その後、フッコ(スズキの幼魚)、キジハタが釣れました。本命の真鯛は釣れずとも、なかなか楽しめる釣りです。なによりわらしべ感たっぷりで得したような気になるこの泳がせ釣りは、とてもおすすめ。

 

☑ポイント

サーフでは、エサとなるキスなどに付いているため、シロギスが釣れているところは全てポイントになります。

かけ上がりや点在する根周りが狙い目です。

また、投げ釣りでシロギスを狙っている人がいる場合は釣れる距離を聞いておくことで効率よく魚を探すことができます。

 

堤防では、足元の捨石周りが絶好のポイントになるが、根掛かりが多発する場合があるので40~50メートル程度投げてゆっくりとサビいてきて、かけ上がりや捨石の周りを狙います。

 

386228

マゴチは小魚のいる浅場にいるので、投げ過ぎには注意してください!

 

☑タイミング

日没後(夕マズメ)の1時間くらいにアタリが出ることが多く、一般的には20時前後までが狙い目となります。

また、潮が動いているタイミングもチャンスなります。

竿先のアタリは大きく出ますので、ドラグ音と共に期待して待ちましょう。

 

【泳がせ釣り】最強の活き餌「ギンペイ」抜群の生命力と食いの良さは、大物ゲットの近道!
ヒラメ狙いに代表される活き餌の「泳がせ釣り(のませ釣り)」 最もポピュラーなのが、活きアジを使った泳がせ釣り(のませ釣り)で、大物(大型)のフィッシュイーターを狙うことができます。銀平、銀兵、銀白(ギンパク)などとも呼ばれる「ギンペイ」は、生命力が強く、食いが良いことから、最強の活き餌と言われ人気になっています。
人気の【ストリンガー7選】あなたはどのタイプ?釣りの必須アイテム!
思わぬ大きな魚が釣れたとき(または大物釣り)、クーラーボックスやスカリに魚が入らない・・・と困ってしまうことがあります。釣った魚を美味しく頂くには、鮮度を保たないといけません。そんなときにおすすめなのが、ストリンガーです。鮮度を保つための血抜き処理にも、ストリンガーは便利です。お手頃なものから本格的なものまでを紹介。
ぶっこみ釣り【基本仕掛け図】初心者も大物が釣れる?竿とリール
初心者でも手軽に始められ、黒鯛(チヌ)、根魚(カサゴやキジハタなど)やスズキ(シーバス)などの大物も狙えるおすすめの釣りです。 大物も視野に入れた「ぶっこみ釣り(投げ釣り)」に必要な、竿、リール(投げ用ドラグフリー)、道糸、仕掛け(オモリ)、ハリス、釣り針、エサ、ポイント、夜釣りやちょっとしたコツも紹介します。
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マゴチ, ライン・ハリス, ロッド・リール, 仕掛け,