今【落雷】どこに落ちた?リアルタイムで位置確認・・コレ使えます!

スポンサーリンク

ゴルフやイベント、キャンプ、釣りなどのアウトドア、その他の屋外レジャー中に、天気が急変した・・・なんてときに怖いのが「落雷」です。

そんな雷の位置を確認したいときは、気象庁のレーダーナウキャストを確認することが一般的だと思いますが・・・・・

※気象庁の降水強度分布観測を、5分毎に確認することができます。

気象レーダーによる5分毎の降水強度分布観測と、降水ナウキャストによる5分毎の60分先までの降水強度分布予測を連続的に表示しています。

レーダーの運用休止に伴い該当する地域の降水強度が表示されないか、弱めに表示されることがあります。

引用元 気象庁 | レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)

 

今回は、「今、まさに雷が落ちている場所ってどこ?」が、リアルタイムで確認することができます。

 

これは使えそうなので、紹介します!

 

 

スポンサーリンク

リアルタイム地図 Blitzortung

Lightning & Thunderstorm – 世界地図 – World Map

世界中(もちろん日本も)の「雷と雷雨」を、リアルタイムに確認することができます。

 

「音」で、雷が落ちた瞬間に場所を確認できる「雷雨のリアルタイム地図」

実際の画像はこんな感じ!

引用元(リアルタイム地図 Blitzortung)

 

「アジア」→「日本」とクリックすると、日本国内だけを確認することもできます。

その画像はこちら

引用元(リアルタイム地図 Blitzortung)

スマートフォンであれば、地図のズームも可能なので非常に使いやすいですし、雷が落ちている場所が一目で確認できます。

色々な場面で、役に立ちそうです!

 

「リアルタイム地図 Blitzortung」のリンクはこちら

Lightning & Thunderstorm – 世界地図 – World Map

 

ベスト【空調服】amazonで買ってみた!熱中症対策に効果は高い?
毎年のようにほぼ全国各地で観測される真夏日(30℃以上)、地域によっては猛暑日(35℃以上)と、野外活動は危険レベル・・・ 日々の熱中症対策は必須で、十分な睡眠と水分塩分補給はもちろん、野外活動ではさらに対策が必要になりますね。ファン付きベスト(空調服)の効果は高いと思う
【雷】落ちたのはどこ?今日、過去(1ヵ月)落雷の場所確認方法
今日、もしくは過去(1ヵ月)の雷が落ちた場所を調べたい! そんなときは、過去の落雷情報で確認することができます。今日、昨日など気が付いたときに、落雷位置確認をする方法を紹介します。落雷の発生日・時間帯・場所・大きさなどの証明書(報告書)を発行することもできます(こちらは、有料サービス)
危険な実体験・・「雷」が近づくと釣り竿に静電気が帯電する!?
雨降りの釣行で一番危険なのが、落雷です。近くでも落ちたらひとたまりもないですから、十分に注意しましょう(当たり前ですが・・・)僕が実際に経験した雷の恐怖体験を話します。雨降りに釣りをされる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク
おすすめ つぶやき
スポンサーリンク
赤波をフォローする
Red wave

ブログランキングに参加しています。

宜しければ、応援ワンクリお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました