マダイ 釣り雑談

投げ真鯛「警戒」エサを気にしながら周囲をウロウロ回遊しているはず!動画あり






LINEで送る
Pocket

仕掛けをポイントに投入した直後・・・竿掛けに竿を置いた瞬間・・・

ゴンゴン・・ゴン・・・ゴゴゴン・・・

なーんてアタリがでることがまれにありますが、たいていはフグなどのエサ盗りの仕業です。

 

これには、着水音が大きく関係しています。

港内などで、ルアーでもサビキなど、フグの群れを避けて投げ入れても、着水地点へ一目散に寄ってきます・・・恐るべしフグ!

ただし、大きなアタリが出るようなときは、黒鯛(チヌ)の期待が持てますね。

仕掛けを投げ入れて竿立てに掛けて、ふと竿先をみたら・・・

ゴンゴン・・ゴゴゴン・・・ジィー・・・ジジジィー・・・

なんてことも、食いが立っていると意外とあります。黒鯛は活性が高くなるとかなり大胆になりますから!

 

さてさて真鯛は、このような感じになるのか???

スポンサーリンク

☑真鯛は仕掛け投入直後にアタルのか?

僕の経験上、仕掛け投入直後のアタリはほとんどありません!

まず間違いなく数分(2~3分)はアタリがでない。

早くても5分程度が通常です。

良くあるのが、15分程度経ってからアタリがでてくるというパターンですね。

 

これはなぜなのか?ってことなんですが、

個人的な考えでは、真鯛は警戒心が強く、エサを見つけても一定時間(少しの間)は周囲をウロウロしていたり、ちょっとエサを触ってみたりと、がっつり食いつくことがないのではないかと考えています。

もちろん、異常に食いが立っているときは別の話ですが・・・

 

こんな状況の真鯛は、針についているエサを気にしながら、離れずにいてウロウロしているので、エサ盗りも近づけずにエサもやられない!

エサ盗りがいないのではなく、いてもエサに食いつけない!

は、大物が近くにいる証拠ですから、非常にチャンスであると、個人的に妄想をしております(笑)

 

「警戒してなかなか食いつかないマダイ!」

そんなイメージの真鯛の行動にとても似ている動画がありましたので、紹介します。

 

☑おそらく真鯛はエサをこんな感じで警戒しているはず

この動画の対象魚は「エイ」なんですが、僕が想像している真鯛の行動と一致しています!

まさにこんなイメージです!!!

 

針に掛かってくれないこんな魚をいかに食わせるか・・・

違和感を少なく食い込みを良くすることで、この手の魚の攻略できると考えてます!マジメに(笑)

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, 釣り雑談