カサゴが良く釣れる「餌」から学べそうなこと!エサの質って考えたことある?

スポンサーリンク

以前からエサについて、なんとな~く考えていたことがあったのですが・・・

今回それが、「やっぱりあるんだなー」と、その考えが確信に変わってきました!

で、今回はそんな小言をしゃべってみます。

 

 

例えば?

活き餌を使っていると、一般的にはエサの良し悪しを

「活きが良い」または「活きが悪い」

と、動きでエサの良し悪しを決めてしまいますが・・・

それってエサの正しい評価なのでしょうか?

 

 

今回は、釣りに使うエサの質!

 

普通に考えてみると、ヒラメの泳がせ釣りで一番釣れるのは、釣り場で調達できる小魚ですよね?

捕食している魚の種類、その大きさを一致させるのが一番!

この考えは、ルアーフィッシングでよく使われる「マッチ・ザ・ベイト」です。

そこにいるフィッシュイーター(大型の捕食魚)が、目の前にいる小魚(エサ)を食べているので、そのカラーやサイズのルアーを使うことで、効率よく魚を釣ることができるという考え方です。

ルアーフィッシングでは、この考え方は正しいと思います。

 

ですが、エサ釣りは?

となると、決定的に違うことは「ニオイ」=「」ですよね?

 

 

同じサバでも、人間が食べて美味しい脂がのったサバと、美味しくない水っぽいサバというものがあるように、魚にとっても美味しい餌、美味しくない餌があるのではないでしょうか?

単純に、普通のサバよりも、脂のりが抜群の金華サバの方が美味しいですよね?

それなら、生の塩サバよりも、干物にしたサバの方が美味しいでしょ!っていうのが僕の考えです。

(※干物は、干すことでうまみ成分のアミノ酸が増え、同時に水分が減りますから凝縮されます)

 

これが成立すると、単純に魚が好む「ニオイ」「味」=「うまさがある」小魚(餌)は、釣り場(現地)の小魚を超えることになりませんか?

 

そんな「エサの質」に関して、なんとなーく考えていたのですが、果たしてどうなんでしょう?

 

たまたまこんな考えを実践されている方(原田隊長)を見つけて、「やっぱりこういうことあるんだなー」と嬉しくなってしまいました。

個人的にこういう人って好きですね~(笑)

 

 

その考えを確信に!?って動画がコチラです。

 

そして「秘密の餌」の第二弾は、

魔法のスプレー!?

 

釣り場や時期、時間で釣れ方は変わりますが、カサゴ狙いの「ブラクリ釣り」でこれだけ釣れれば、まさに入れ食いですよねー

神奈川県大磯防波堤でカサゴ釣りの実釣動画です。

おもしろそーです。

 

【ブラクリ釣り】「根魚(カサゴ)」簡単な仕掛けでチャレンジ!
堤防やテトラ、岩礁にいるカサゴやアイナメ、ソイ、キジハタ(ロックフィッシュ)などは、手軽に釣れる高級魚。市販の仕掛けを結べば誰でも(初心者でも)簡単にブラクリ釣り(穴釣り)で狙えます。エサは虫エサ(青イソメ)や身エサ(さばの切り身など)、オキアミ、パワーイソメなど。初心者の実釣動画もありますから、今すぐチェック...

釣り情報満載のブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました