釣り雑談

釣行前に波情報【リアルタイムナウファス】でチェックしておこう!!

2017/12/16






LINEで送る
Pocket

先日、ふら~っと2時間くらいエギングでも(^^♪

なんて軽い気持ちである釣り場に行ったら、うねりがあり、濁りが残っている状態・・

なんとな~く、最近の天候で穏やかになっているだろうという甘い考えでは、痛い目にあってしまいました。

釣り場に着いたら、予想以上に波が高くて釣りにならなかった・・・なんてこと皆さんもあるのではないでしょうか?

実際のところ僕自身も、結構ーありますからね・・・

ある程度は天気予報で確認が出来るのですが、今まさにの情報を手にすることができれば、またはその経過が分かれば海の状況をより正確に判断できます。

 

スポンサーリンク

 

ゴアテックスなどの高性能なレインウエアを着用していると、雨降りでも快適に釣りができますが、波が高いことや風が強く吹くことは釣りにとって厳しい状況です。

リアルタイムに海の状況を確認することで無駄打ちをせず、釣果も安定していきます。

 

 

全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス)

全国78観測地点において波浪の定常観測を実施していますので、風波・うねり・長周期波を24時間モニタリングすることができます。

表示は1日毎と7日(1週間分)があり、その直前の状況確認は1日表示(24時間)で波高など確認することができますし、過去7日間の状況を見ることで2日前に波が高かったので、まだ濁りが残っていそうなど予想をすることもできます。

 

下記の画像を確認すると分かると思いますが、有義波高(左)有義周期(右)とがあります。

有義波高とは、連続した波の高い方から3分の1の波を基準に、その平均をとったものです。

波高は、風が強く、長く吹き続けるほど高くなりますので、現在の風の状況からその後を予測することができます。

周期(波長)とは、個々の波の頂上から次の波の頂上までの時間のことを言います。波の間隔というイメージです。

 

ナウファスの実際の画像

 

 

上記の画像は波高が0.5m程度で推移していて非常に穏やかな海を示しています。

天候が良ければ釣り日和ってことになります。

反対に下記の画像のように、前日から波が高く海が荒れていると判断することができます。

 

 

 

この状況を把握しながら、実際に釣りをすると良くわかりますが、同じ波高でも釣りのできる釣り場とできない釣り場とがあります。

一般に風裏、波裏などの波の影響が少ないところや港内などそもそも影響を受けにくいところもありますが、多少の波で魚の取り込みが難しいところなどもありますので、釣り場の状況と風の状況などを加味した判断をすると良いと思いますね。

 

波の情報ゲットは↓↓↓

リアルタイムナウファス: 国土交通省港湾局 全国港湾海洋波浪情報網

 

 

386228

 

ここで注意しなければいけない点があります!!

有義波高とは先程も説明しましたが、高い波から3分の1の平均を示したものです。

したがって、最大波高のことではありませんので注意が必要です。

波高1メートルと表示されていても、2倍を超えるような波がくる可能性が十分にあります

サーフでの釣りで、波が穏やかなので波打ち際に道具を置いていたら、思わぬ大きな波に道具が流されそうになる・・・なんてことがあると思います。

そういった波を表示しているものではないので、覚えておいてください。

 

波が高くなるとその差は非常に大きくなりますから、ぜひ注意をしてくださいね!

 

危険な実体験・・「雷」が近づくと釣り竿に静電気が帯電する!?
雨降りの釣行で一番危険なのが、落雷です。近くでも落ちたらひとたまりもないですから、十分に注意しましょう(当たり前ですが・・・)僕が実際に経験した雷の恐怖体験を話します。雨降りに釣りをされる方は、ぜひチェックしてみてください
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-釣り雑談