おすすめ 仕掛け 根魚

これだけ?根掛かり対策【六角オモリ】ひと工夫で簡単にできる!






LINEで送る
Pocket

根魚(ロックフィッシュ)は、岩礁帯を狙うことが多いですが、切っても切れないのが根掛かり。

捨てオモリ式の仕掛けで狙うことが一般的で、適していると言われるのは「六角オモリ」

まー、六角オモリを使っても根掛かりするときはしょーがない・・・と考えるべきですが、どーにかならないものか?と日頃から考えているわけですよね・・・

で、以前から気になっていた根掛かりに強いと言われる「真空オモリ」

これは、九州の方の石鯛釣り(宙釣り)で使われる中通しのオモリで、一般的な中通しのオモリよりも糸を通す穴の径が大きいのが特徴。

穴の径が大きいので、根掛かりの際に揺れる幅が大きく、外れやすいということなんです(個人的には使ったことないです・・・)

今回は、「真空オモリ」のお話ではなく、

この「真空オモリ」の長所を取り入れた、六角オモリの根掛かり対処法を紹介。

 

スポンサーリンク

 

六角オモリを使った根掛かり対処法

根掛かりが多発する岩礁エリアに棲息する、底物(石鯛)や根魚狙いに効果が大きい対処法です。

個人的には、堤防やテトラ帯などの捨て石周りで使っていて、

「魚影は濃いけど、根掛かりするから攻めにくい・・・」

なんて、釣り場におすすめです。

 

☑六角オモリにひと工夫

六角オモリを使った根掛かり対処法は、オモリに水道ホースを取り付けるだけ。

はい、これだけですね(下の画像の通り)

引用元(http://www.tsuttarou.co.jp/)

どこにでもある水道ホースですね。

僕が使用したのは、耐圧ホース。画像にも映っている糸入りのちょっと強いホースですね。

糸なしのホースは試していないので、比べることはできていませんが、糸入りの方が復元力が強いので、おそらくこちらの方が良いかと・・・

 

で、こちらが完成した六角オモリの対処法。

めちゃくちゃ簡単ですねー。

引用元(http://www.tsuttarou.co.jp/)

 

☑根掛かり対処法の注意点

この対処法の注意点というか、キモになる部分です。

最初に紹介した「真空オモリ」の長所である

穴の径が大きいので、根掛かりの際に揺れる幅が大きく、外れやすい

が、大切になります。

引用元(http://www.tsuttarou.co.jp/)

上の画像のように、糸がホースに対して自由度が高いところがポイント。

また、結び目がホースの中にあるので、岩などに当たって切れる(ブレイク)することも防ぐことができます。

で、悪い例がコチラ・・・

引用元(http://www.tsuttarou.co.jp/)

これでは、六角オモリを保護しただけになってしまいますからね・・・

画像で分かりますか?

 

分からない場合は、動画で確認できます。

石鯛釣り、ナマリの根掛かり防止法説明

 

 

ぶっこみ釣り・投げ釣りで根掛かりしにくい対処方法
ぶっこみ釣り、投げ釣りは、仕掛けを投げて海底に置いておきます。仕掛けが底にある以上は、根掛かりを覚悟で釣りをしなければなりません。単純な話・・・根掛かりしない釣り場で釣りをすれば良いのですが、根があるところはなんといっても魚影が濃い場合が多いものです。そんな根掛かりを防止できる対処方法は・・・
投げ釣り「根掛かり」原因のひとつはオモリ!次世代ROCKオモリ(ギアラボ)
仕掛けを投げ入れて海底に置いておくぶっこみ釣りや投げ釣りは、仕掛け、オモリ、そして鈎(ハリ)の根掛かりはつきものです。困ったことに、障害物(岩や海藻)が多い釣り場は、魚影も濃く釣り人としては狙いたくなるもの!根掛かり対策、外し、回収商品
見れば納得【根掛かり】外しが簡単!ルアー回収機不要の方法とは?
ルアーが根掛かりしたときの外し方は色々とあります。電撃ハズシ、スティンガーはずしなど・・・紹介するのは、誰でも簡単にしかも回収機を使わない「ギャング外し」です(動画で確認できます)
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-おすすめ, 仕掛け, 根魚