最強【ゴールデンミーンレッドゾーン三脚】キャスターの必需品!

スポンサーリンク

以前に廃盤となってしまった「最強三脚」

ゴールデンミーン【レッドサーフ三脚】

廃番後にショップから姿を消し入手困難になってからはオークションには出品されていましたが、取引価格が当時の販売価格を上回ること(販売価格の2倍以上のときもあった)が多かったことからも、ある意味「幻の三脚」的な状態に・・・

引用(ゴールデンミーン)

長く使うことができる「耐久性」はもちろん、様々なシチュエーションでの「安定性」と「剛性」は抜群で、信頼すべき最強の三脚!

それが、今なら入手可能!

 

 

スポンサーリンク

ゴールデンミーン レッドゾーンサーフ三脚R

ゴールデンミーン「レッドゾーン三脚」⇒「レッドゾーンサーフ三脚R」になって再販!

最高にして最強の三脚

GM「R基準」がレッドゾーン三脚をより高い「耐久性」「剛性」「安定性」で再現。

計算されつくした完全オリジナルの各パーツは、手軽な浜での設置はもちろん、悪場箇所(磯場など)での設置にも抜群の安定性を発揮。より釣りに集中でき、より多くの釣果につなげることができます。

キャスターのストレスを少しでも軽減する、まさにキャスターの必需品「レッドゾーンサーフ三脚R」

引用(ゴールデンミーン)

 

三脚(竿立て)を購入する際、「価格が安いものが良い」とか、「軽量コンパクトが良い」とか、「好きなメーカーが良い」などのように何が決め手になるか(優先するか)は使う人次第なのですが、

個人的に重視しているポイントは

仮に大きな魚に引かれて竿が水平になっても倒れない「安定性」

この安定性を増すためには、重たいものをぶら下げなければいけませんから(ときにロープラチェットを使用)三脚の「剛性」が必要になってきます。

 

よくありがちな・・・

①脚の先端がピンではなく食い付きが悪い

②脚の付け根にぐらつき(ガタツキ)がある

③重いものをぶら下げると脚がたわむ

などでは、十分な安定性は得られません。

 

 

その点、商品説明でもあったようにGW「レッドゾーンサーフ三脚R」は、「剛性」が高くネジレやガタツキ、タワミがほとんど無く安定性が抜群にいい!

引用(ゴールデンミーン)

 

☑脚先端部

ゴムの部分を回すことでセンターネジがスパイク(ピン)になり、あらゆる釣り場で抜群の食い付きを発揮します。

スパイク(ピン)が短いタイプにありがちな、きつい角度での食い付きの悪さがありません。

引用(ゴールデンミーン)

 

☑アーム固定部

アーム固定部分は、締め込み式で完全に固定ができ、6.0mmΦのアームはタワミにくいので抜群の安定感があります。

アームはどの溝でも安定するので竿先の高さを合わせやすく、並べた穂先の変化に気が付きやすいです。

引用(ゴールデンミーン)

 

スポンサーリンク

レッドゾーンのデメリット

「耐久性」「剛性」「安定性」を紹介してきましたが、メリットだけじゃありませんね。

個人的には「安定性」を重視しているのであまり気にはしませんが・・・

 

☑値段が高い

おサイフには優しくありませんねー。

予備を含めると2~3個必要になるので、使ってみたいという人はとりあえず1つからでしょうか?

えーっと、心臓が止まる人がいるかもしれないので、値段は伏せておきます・・・・

 

☑重たい

他のメーカーの三脚に比べると、やっぱり重たい。

「剛性」を保つために、各部肉厚なのでしょうがないと言えばしょうがないのですが・・・・

 

 

もっと丈夫な三脚が欲しい!とか、レッドゾーンが気になった方は是非検討してみてください。

もともとの「レッド」と「ブルー」2色に「ガンメタ」が追加され3色でラインナップされてます。

※ちなみに、ゴールデンミーンのレッドゾーン三脚・・・・修理が可能です!

 

 

スポンサーリンク

個人的に竿立て(竿受け)は、使い分けしてます!

釣り場や状況によって使い分けをしてます(ご参考程度に)

☑対砂浜(サーフ)用

堤防などのように釣座が高くないので、道糸の波当たりが起きやすいですね。

竿先を高く構えられる「アングルタイプの一脚スタンド」がおすすめ。

 

☑対砂利浜、ゴロタ浜用

サーフスタンドを差し込めない砂利まじり(もしくはゴロタ)の浜では三脚タイプが良いのですが、通常の三脚では砂ガミが起きやすい。

そこでおすすめなのが、上の脚が細く下の脚が太い逆テーパー形状になっている「サーフスタンド」

収納時に砂ガミしにくいので、砂利浜・ゴロタ浜でよく使います。

おすすめ【竿立て】釣り場に合わせた選び方と使い方、注意点を紹介!
釣り場(堤防、磯、サーフ、海公園など)によって使い分けが必要な竿立て(竿掛け・竿受け)の選び方を紹介します。その使い方と注意点は?柵や手すりがある釣り場、壁がある釣り場など便利なおすすめアイテムもあります。

 

☑手すりや壁が立っている釣り場用

三脚(竿立て)が不要な釣り場では、手軽に設置できる「ちょい置きマット」がオススメ。

created by Rinker
¥1,517(2020/08/05 07:14:23時点 楽天市場調べ-詳細)

 

竿置きマットが2秒で設置【タテカケ君】波止や手すりで便利すぎて悔しい
投げ釣り(ぶっこみ釣り)をしていると、竿立てに置き竿をしてアタリを待ちます。 が、釣り場の状況によっては竿掛けの代わりに、ダイワ製の「タテカケ君」を使うことで効率よく投げ釣りやぶっこみ釣りを楽しむことができます。便利な竿のキズ防止用簡易マット

 

ところで・・・ゴールデンミーンのレッドゾーン三脚は、なぜ廃盤になったのでしょうか???

 

ブログランキングに参加しています。

宜しければ、応援ワンクリお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました