つぶやき マダイ 釣り雑談

娘が人生初【真鯛】初めての投げ釣りで2投目は・・・記録ものか?






LINEで送る
Pocket

子供の頃は、「アジ釣りに行こうか?」と聞くと、「行きた~い」と一緒に釣りに出掛けることも多かったが、

大きくなるにつれ、「私、行かない!」と断られる始末。

子供が釣ったアジを活き餌に、ラクして泳がせ釣りをしていた天罰か・・・

 

そんな娘が急に、

「パパ、今夜真鯛釣りに行くの?行くなら連れて行って!」

と久々の逆ナン状態に・・・

「じゃー、時間がないからすぐに準備して出るよ♪」

 

スポンサーリンク

 

釣具屋さんで餌を調達。

娘と行くからと言っても、エサの量は増やさずにいつもと同じ量。

初めての真鯛釣りなんで、ほぼマンツーマンでやらないといけないし、そうそう釣れる魚でもないので

「マジで釣らせてやろうじゃないの!」

なんて考えも。

 

☑釣り場に向かう道中・・・

釣り場に向かう道中・・・ちょっと迷いがあったのです。

今回のように、結果を出さないといけない釣りとなると、結果を出せないことがチラホラ。

真鯛を釣りたいと仲間が言ってきたときもそう、雑誌の取材のときもそう・・・

 

そんなときは、決まって「釣り場選定」のミス!

釣りやすい釣り場に連れて行こうとか・・・サイズはイマイチだけど数が見込める釣り場に行こうとか・・・考えて、裏目になるパターン。

ということで、釣り人が少ないことを祈って、直球の「実績ポイント」へGO!

 

☑釣り場に到着

娘の運の強さか?日頃の行いが良かったのか?は分からないが、釣り場に人影は見えず。

狙っていたポイントに入り、早速準備開始。

いつもならタックルを順番にセットしながら、エサを付けて投入するのですが、娘がいるので全てのタックルの準備を終えてから釣行開始。

 

☑釣行開始

(画像はイメージ)

ここ最近は、竿の出す本数も減って(納竿の手間を考えて)2本出しが多いのですが、今回は結果を出したいので、ちょっと確率を上げるために3本出し。

2本は娘に託して、個人的には1本勝負。

過去に、アジ釣り、泳がせ、バス釣りなど、けっこう色々な釣りをさせてきたので、思いのほか上手にキャスト。しかも、丁度良い距離に着水。

 

エサ取りのアタリすらない中で、30分経過。

とりあえず、自分用の竿の仕掛けを回収してみると、エサは無傷。

エサ取りもいないのか?本命が近くに回遊しているのか?

釣行開始で全く分からないが、エサを交換して再び投入。

 

待つこと5分。

エサを交換した自分用の竿が、

コツコツ・・・・コツコツ・・・

エサ取りっぽいアタリが出るが止まってしまい、しばらく待つが微動だにせず。

 

ここで、娘に仕掛けを回収させ2本ともエサを交換。

 

さらに10分後。

娘の竿も気になっていので、娘に託した2本の竿を凝視していると、自分用の竿が

ウィーーーーーーーン

と、走り一発で終了。

 

時合いの可能性を考えて、自分の竿もエサ交換!

をしていると、娘が近づいてきて

「パパ、竿がすごい動いているよ?」

 

。。。振り返ると、娘の竿が当たってる・・・というか真鯛ほぼ確定!

 

すぐに竿のところに行き、ドラグを締めて合わせをさせると、グググーとイイ感じで竿がしなってるー。

声援としては「ガンバレ、ガンバレ」で、心の中では「バレるな、バレるな」

一発目の引きで、竿がのされ気味だったので、ちょっとドラグを緩めて数分後、無事に水揚げでホッとした!

 

人生初の真鯛を釣った娘が、釣れた真鯛をかまっていると・・・

ジィジィジジジジィーーーー

徐々に加速していくようなドラグ音!

今度は、自分用の竿に本命のアタリ。

 

ゴリ巻きで寄ってくる魚は、「チヌかな~」なんて娘と会話していると、揚がってきたのは・・・

30セン程度の小さな真鯛。で、リリース(90センチを釣り上げるための儀式)

※撮影は釣行後の為、画像無し

 

再び体制を整えて待っていると、

ウィーーーーーン

そこそこの真鯛を水揚げ!

 

その後、1時間半粘っても本命のアタリが無いため、時合い終了と判断して納竿。

娘と良い思い出となりました!

真鯛さん、ありがとう(笑)

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-つぶやき, マダイ, 釣り雑談