その他魚種 つぶやき 料理

うなぎの血は毒【究極の血抜き】をしたら刺身で食べられるのか?






LINEで送る
Pocket

厚生労働省のHPで「食中毒」を調べてみると、自然毒のリスクプロファイル「魚類(血清毒)」に

【有毒種】ウナギ目魚類(ウナギ、マアナゴ、ウツボなど)

と、ウナギの名前があります。

引用(https://r.gnavi.co.jp/

 

中毒発生状況」では、

わが国では食中毒の正式記録はない。

と記載されていますが、

中毒症状」では、

ウナギの新鮮な血液を大量に飲んだ場合、下痢、嘔吐、皮膚の発疹、チアノーゼ、無気力症、不整脈、衰弱、感覚異常、麻痺、呼吸困難が引き起こされ、死亡することもあるといわれている。

引用元(https://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_det_06.html)

 

スポンサーリンク

 

うなぎ料理と言えば、定番は「うな重」

 

鰻(うなぎ)料理と言うと、

定番のうな重や鰻丼、そして白焼き(素焼き)、ひつまぶしなどがありますが、これらは全て加熱処理をしたものです。

なぜならば、加熱処理をすると毒性を失うからです。

ウナギやアナゴのお刺身は食べることができませんが、蒲焼や天ぷらなどは非常に美味しい!

これだけ美味しい魚なら・・・加熱処理をしないで食べることができれば・・・・

 

お刺身は、絶対に美味しいはず!?

その疑問を解決してくれたのは、

「究極の血抜き」

以前にも記事で紹介しました。

 

釣りをする人は、釣った魚を美味しく食べるためにも必見です。

気になる方はコチラから

魚のプロが伝授【究極の血抜き】がすごい!?解説が勉強になった
釣れた魚は、持ち帰って美味しく食べるためにも、簡易的な「血抜き」だけでもやりましょう。 ということで、とても簡単な方法は、エラを取ることです。 ナイフやハサミが無くてもできるから、実践することをおすすめします。さらには、プロが実践する血抜き方法をおすすめします。血ができるプロの技を動画で確認してみてください。

 

新鮮なウナギに【究極の血抜き】をしたら・・・お刺身は食べられるのか?

もし、食べられるのであれば・・・果たして美味しいのか?

(6分45秒の動画です)

 

天然うなぎを「竹筒漁法」の仕組みで大量捕獲!?コレ天才だなー
天然のうなぎを捕獲する方法は様々で、ぶっこみ釣りでも可能ですが、日本古来の伝統漁法が「鰻筌(竹筒)」です。竹を筒状に編み込んだものにうなぎの餌を入れ、水中に沈めてうなぎが入るのを待ちます。今回は、魚の習性をうまく利用した仕掛け(罠)の大量捕獲動画を見つけたので紹介します。

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-その他魚種, つぶやき, 料理