マダイ 仕掛け

投げ釣り【置き竿】餌の種類によって天秤を使い分ける考え方とは?






LINEで送る
Pocket

「アタリが止まるから・・・食い込みを重視しよう!」

と単純ではない!という考え方について書きます。

 

投げ釣りに使われる「天秤」は、大きく分けて

「固定式天秤」「遊動式天秤」「半遊動式天秤」

の3種類がありますが、同じ対象魚でも使う天秤の種類は人それぞれです。

釣り場状況やタックルの種類、そして過去の経験則も大きく関係していると思いますが・・・

 

注目するべきポイントの1つに「エサ」があります!

 

ここ(餌)に注目している人が意外と少ないのかな?と感じていますので

投げ釣り【置き竿】餌の種類によって天秤を使い分ける考え方

について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

別の記事で、置き竿での「食い込み」と「針掛かり」の考え方を書きました。

「竿先の硬さ」「ラインの種類」「竿の角度」「天秤のタイプ」「ドラグフリー設定」についての内容でしたが、「天秤のタイプ」も関係してくるのでもし良かったら確認してみてください。

置き竿での「食い込み」と「針掛かり」相反する要因の考え方!
置き竿(投げ釣り)で魚を狙っていると、アタリがあっても針掛かりがしないこと・・・ ありますよね? これには、いくつかの要因が関係しています。 大きな要因としては、 「竿先の硬さ」 「ラインの種類」 「竿の角度」 「天秤のタイプ」 「ドラグフリー設定」食い込みと針掛かりの考え方を紹介します。

 

天秤のタイプから考える「食い込み」と「針掛かり」

以前の記事で書いた「タイプ別の考え方(個人的な感覚)」はこんな感じ。

【固定式天秤】

食い込み △   針掛かり ◎

【遊動式天秤】

食い込み ◎   針掛かり ×

【半遊動式天秤】

食い込み 〇   針掛かり 〇

 

固定式天秤(固定テンビン)は、「針掛かり」は良いが、「食い込み」に関してはあまり期待できず、反対に遊動式天秤(遊動テンビン)は、「食い込み」は良いが「針掛かり」はほとんど期待できないよってことになります。

半遊動式天秤(半遊動テンビン)は、この両方のバランスタイプと考えてください。

 

ここらへんは、以前の記事でも書きましたが、

魚に違和感を与えないようにテンションを緩める「食い込み」と、

魚が喰ってきたときにテンションを掛けての「針掛かり」は、

どちらも重要なのですが、両立はしません。

おそらく、バランスを取るか?どちらかに寄せるか?の選択になります。

ということなので、これが正解とかいうものでなく状況に応じて対応する!というのが正しいですね。

 

で、エサに対しての天秤の使い分けですが・・・

そもそも、エサにも食い込みの良いエサと悪いエサが存在します!

投げ釣り「真鯛」が釣れる餌は何??おすすめ10選を紹介
投げ釣りやぶっこみ釣りで狙う魚の王様「真鯛」釣りに、適した釣り餌は何か? ってことで、エサを一覧でまとめてみました。地域により効き目が違うとは思いますが、参考にしてみてください。タイムシ・マムシ(岩虫・岩イソメ・本虫)・ユムシ・イワガニ・チロリ(砂虫、オサムシ)赤イソメ・海老・ボケ・ホタルイカ・ヒイカ

例えば、虫エサのようにスリムで吸い込みやすいもの(または柔らかいエサ)は、「食い込みが良いエサ」となり、反対にヒイカやユムシ(コウジ)のようなボリュームのあるもの(または硬いエサ)は、一口で喰いきることができないので、「食い込みの悪いエサ」になります。

 

これを踏まえて・・・

 

☑食い込みの良いエサ

食い込み重視で選択していくと、

【遊動式天秤】

食い込み ◎   針掛かり ×

に、食い込みの良い「虫エサ」は、より食い込みやすい!と、考えがちですが・・・

 

食い込みの良いエサ = エサ持ちの悪いエサ

ですから、食い込みをあまり重視しすぎると、ハリ掛かりがせずエサだけ食べられ魚を逃がしてしまいます。

なので、

食い込みが良いエサは、一発の食い込みでいかに針掛かりさせるか?

を重視した方が釣果は良くなります。

 

ということは・・・・

虫エサのように食い込みが良いエサには、

【固定式天秤】

食い込み △   針掛かり ◎

が、バランスが良い組み合わせとなるわけです。

 

「PEライン + 固定式テンビン」の組み合わせがオススメ。

ハリ先が掛かりやすい「PEライン」とアームの反発で掛かりやすい「固定式テンビン」は、食い込みの良いエサと相性が良いです。

また、「食い込みが良いエサ=持ちの悪いエサ」は、エサ取りのアタリが分からないと空バリになってしまいますから、PEラインの感度はメリットが大きいですね。

 

 

 

☑食い込みの悪いエサ

反対に、食い込みの悪いエサは、何度も喰いなおして口の中に入るので、魚が違和感を感じるとアタリが止まってしまいます。

なので、食い込みを重視することでエサを口の中に入れることができます。

※食い込みの悪いエサは、ほとんどの場合エサ持ちが良い

 

ということは・・・・

ヒイカやユムシ(コウジ)のような食い込みの悪いエサは、

【遊動式天秤】

食い込み ◎   針掛かり ×

が、バランスが良い組み合わせとなるわけです。

 

「ナイロンライン + 遊動式テンビン」の組み合わせがオススメ。

伸びのある「ナイロンライン」と道糸を送ることができる「遊動式テンビン」は、アタリが止まりにくく食い込みの悪いエサでも相性が良いです。

また、「食い込みが悪いエサ=持ちの良いエサ」は、空バリになりにくいので、感度はあまり必要としません。

 

 

最後に

一気に食い込むような餌には、「針掛かり重視」にする!

なかなか食い込まない餌には、「食い込み重視」にする!

という考え方が分かりましたでしょうか?

「アタリが止まるから・・・食い込みを重視しなければいけない!」

という考え方ですと、食い込みばかりを重視して魚を逃がしているかもしれません。

 

そして大切なことは、置き竿での「掛かり重視」はあくまで向こう合わせですから、ハリ先が掛かっている程度です。

ハリを貫通させるには、しっかりとした合わせが必要となります。

合わせのタイミングはコチラの記事を確認してみてください!

大物投げ釣りでの「食い込み」と「合わせ」のタイミングは?
大物釣りはチャンスが少なく、長丁場で釣りをしてもアタリが無いなんて日もあります。そんな大物釣りで一番悔しいのが、合わせの前にアタリが止まったり、合わせたのにすっぽ抜けして空振りしたりすることではないでしょうか?アワセのタイミングや注意点、ドラグフリーの食い込みについて真鯛(マダイ)を中心に紹介
置き竿での「食い込み」と「針掛かり」相反する要因の考え方!
置き竿(投げ釣り)で魚を狙っていると、アタリがあっても針掛かりがしないこと・・・ ありますよね? これには、いくつかの要因が関係しています。 大きな要因としては、 「竿先の硬さ」 「ラインの種類」 「竿の角度」 「天秤のタイプ」 「ドラグフリー設定」食い込みと針掛かりの考え方を紹介します。
Red wave
ぶっこみ釣り(投げ釣り)でマダイやチヌ(黒鯛)、スズキ、根魚など大型(大物)の魚を中心に狙っています。竿やリール、仕掛け、エサ、釣り方などの情報と、その他、気になることを書いている雑談ブログです。

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, 仕掛け,