クロダイ(ちぬ) スズキ(シーバス) マダイ 仕掛け 根魚

ぶっこみ釣り【中通し式】オモリ仕掛けはどんな種類があるの?






LINEで送る
Pocket

ぶっこみ釣りと言ったら、「中通し式オモリ仕掛け」(オモリの中に糸を通す仕掛け)が定番です。

「オタフク型」「「カメノコ型」と呼ばれる専用のブッコミオモリ(偏平型)を使った仕掛けで、中通しタイプの「ナツメオモリ(タル型)」「丸玉オモリ」を使う場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

中通し式オモリ仕掛け

中通し式の仕掛けは、15号以下のオモリを使ったシンプルな仕掛けです。

主に、堤防際(足元)やテトラ周りなど近投(近いポイント)で狙う仕掛けで、比較的根掛かりに強いのが特徴です。

また、仕掛けが海底を這う形になるので、太いハリスでも大物に警戒されにくく、ハリスも絡みにくいですね。

※15号以下とは一般的なもので制限はありません。個人的には30号まで使います。

仕掛け絡む?ぶっこみ釣り(投げ釣り)原因と対処法まとめ!
ぶっこみ釣り(投げ釣り)をしていると、「どうしたらこんな絡み方をするんだろう・・・」なんて思うくらいに、ハリスが道糸や仕掛けと絡んで戻ってくることがあります。仕掛けが絡んでいると、アタリが出なかったり、アタリが出ても止まってしまったりと、あからさまに魚は掛かってくれません。仕掛けの絡みが頻繁に発生する場合には

 

☑基本的な中通し式オモリ仕掛け

ぶっこみ釣りの基本仕掛けです。

道糸を中通しオモリに通し、ヨリモドシ(サルカン) → ハリス → 釣り鈎 というシンプルな一本針仕掛けです。

魚の食い込みに応じて道糸を送ることができる「遊動式」の仕掛けなので、ドラグフリー釣法も可能で、大物に対応します。

シンプルな一本針なので、トラブルが少ないメリットがあります。

投げ釣り【ドラグフリー釣法】で、注意して欲しい5つのこと!?
ドラグフリー釣法とは、リールのスプールが逆転してライン(道糸)を出してくれる機能のことです。 竿立てに掛けて置き竿で狙う投げ釣り(ぶっこみ釣り)において、大きなアタリやいきなり走るようなアタリがあったときに、スプールが逆転してトラブルを回避してくれます。どんなトラブルがあるの?ってところを書きます。

 

☑中糸(リーダー)を使った中通し式オモリ仕掛け

道糸ではなく「中糸(リーダー)」を通し、オモリの上下にヨリモドシ(サルカン)を使った仕掛けです。

中糸(リーダー)を使うメリットは、擦れる部分の補強と投入の際のハリス絡みを防ぐことです。

反対にデメリットとしては、オモリの上下にヨリモドシ(サルカン)を接続しているので、遊動範囲が制限され「半遊動式」になってしまうことです。

個人的には、ほとんど気にしませんが、中糸を使いたい場合は少し長めに取ることで遊動範囲を伸ばすこともできます。

 

※中糸の代わりにクッションゴムのぶっこみ仕掛けもあります。

 

☑枝バリを使った2本鈎仕掛け

中糸を使った仕掛けに、枝バリを使った2本鈎仕掛けです。

大物狙いでは、一本針仕掛けが定番ですが、魚に会う機会(アタリ)を増やしたい場合に有効なのが、枝バリ仕掛けです。

下の図では、道糸側のヨリモドシに結んでいますが、ハリス側に結んでも問題ありません。

ただし、絡む場合がありますので、張りのあるフロロカーボンハリスで短めに接続しましょう。

堤防で「五目ぶっこみ釣り」が面白い!青イソメで何が釣れる?
誰でも簡単に始められるぶっこみ釣り。港内や堤防などメジャーな釣り場で色々な魚が釣れます。釣り方も仕掛けも簡単。海釣りの定番エサ「青イソメ」は万能エサなので色々な魚が狙えます。サビキ釣りの横で置き竿でもOKです。アタリは竿先が揺れるので、初心者にもおすすめ。タックル(竿・リール)と釣り方も紹介します。

 

中通しオモリの種類と特徴

最後に、中通し仕掛けに使われるオモリを紹介します。

☑オタフク、亀の子オモリ

ぶっこみ釣り専用の扁平型(へんぺいがた)のオモリ

形状から、砂地などでも転がりにくく流れに強いオモリです。

ブッコミオモリの完成仕掛けもあります(↑の商品)

道糸とハリスを結ぶだけで釣りが始められますし、強度があるので繰り返し使うことができます。

 

☑ナツメ(タル型)オモリ

ルアーロッドや万能竿でちょっとぶっこみ釣り!

なんてときは、ナツメ(タル型)オモリがおすすめです。

3号程度の軽いものも釣具屋さんで売られていますから、手持ちのロッドで手軽に楽しむことができます。

 

☑丸玉オモリ

根魚を狙った穴釣り、障害物周りを狙うぶっこみ釣り、うなぎのぶっこみ釣りで定番の丸型オモリ

この丸型オモリは、意図的に仕掛けを流し障害物を狙うことができます。

このような釣り方では、ハリスを短くして(10センチ程度)根掛かりを減らします。

 

 

Q&A【ぶっこみ釣り】仕掛けの作り方を教えて!(動画あり)
「ぶっこみ釣りの仕掛けの作り方を教えてください」画像や説明文ではちょっとわかりにくいので仕掛け作りの動画を見ながら確認できます。仕掛け作りに使用する道糸、オモリ、サルカン(ヨリモドシ)、ハリス、ハリ、クッションゴム、ゆらぎ玉など小物の説明も。初心者の人でもぶっこみ釣りを始められます。
ぶっこみ釣り【基本仕掛け図】初心者も大物が釣れる?竿とリール
初心者でも手軽に始められ、黒鯛(チヌ)、根魚(カサゴやキジハタなど)やスズキ(シーバス)などの大物も狙えるおすすめの釣りです。 大物も視野に入れた「ぶっこみ釣り(投げ釣り)」に必要な、竿、リール(投げ用ドラグフリー)、道糸、仕掛け(オモリ)、ハリス、釣り針、エサ、ポイント、夜釣りやちょっとしたコツも紹介します。
ぶっこみ釣り・投げ釣りで根掛かりしにくい対処方法
ぶっこみ釣り、投げ釣りは、仕掛けを投げて海底に置いておきます。仕掛けが底にある以上は、根掛かりを覚悟で釣りをしなければなりません。単純な話・・・根掛かりしない釣り場で釣りをすれば良いのですが、根があるところはなんといっても魚影が濃い場合が多いものです。そんな根掛かりを防止できる対処方法は・・・
これだけ?根掛かり対策【六角オモリ】ひと工夫で簡単にできる!
底物・根魚(ロックフィッシュ)は、岩礁帯を狙うことが多いですが、切っても切れないのが根掛かり。 捨てオモリ式の仕掛けで狙うことが一般的で、適していると言われるのは「六角オモリ」 で、根掛かりしない方法があれば・・・

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-クロダイ(ちぬ), スズキ(シーバス), マダイ, 仕掛け, 根魚