これだけ時代が進んでいるのに、釣り道具の進化・・遅くないか?

この記事は約2分で読めます。

画像や動画などの情報は共有され、人とのつながりはリアルタイムに。

文字や画像で検索することで、欲しい情報のほとんどは手に入る・・・

iPhoneが誕生(2007年)してから、世の中は劇的に変わりましたね!

良くも悪くも、時代は進化している。

 

自分の子供がどこのだれか分からない人と、ゲーム(オンライン)で対戦しているのを見ると、ほんと時代の流れを感じます・・・

僕の子供の頃もゲームはありましたけど、カブトムシの角にタコ糸結んでグルグル回して飛ばす遊びとか・・・ありえない遊びやってましたからねー

今の子はやるのかな?(てか、今の時代、虐待とか言われちゃうか・・・)

 

で、数年前から感じてること!

これだけ時代は進んでいるのに、釣り道具の進化・・・遅くないか?

 

 

こう言ってしまうと、釣り具メーカーさんに怒られそうだが・・・正直そう思ってる。

別に釣具メーカーさんの技術力うんぬんを言っているのではなく、個人的にこの結論は

コレって釣り人がそう望んでいる!

ってことなんだと。

 

例えば、魚を釣ることが最大の目的なのに、ルアーフィッシングではロッドでルアーを投げることがルール化されてる。

誰でも簡単に遠投できる道具があってもおかしくないのに?

まっルール化って表現はちょっと違うかもしれないけど、当たり前のように誰もそれを変えようとしないでしょ?

 

もっと言うと、釣りのスタイルやターゲット別でもそれぞれの考え方がある。

ブラックバスをエサで釣ったら認めない・・・みたいな

僕自身も以前はそんな考えがありましたからね。

 

なんて言うかー

釣り人自身が、自らルールを作って楽しんでる!

感じがするんですよ。

 

ここが、

これだけ時代は進んでいるのに、釣り道具の進化・・・遅くないか?

という部分に影響していると思うわけです。

 

以前に見た記事かなんかで、

シーバス(鱸)は、口が柔らかくエラ洗いをするからバレやすい魚なので、磯竿で釣ってみたらバレることが無くなった!

みたいなことが書いてあって、

磯竿ってそういうメリットがあることを多くの釣り人が知っているのに、こうゆうこと試してみる人が圧倒的に少ない。

で、やっぱりルアーロッドだけを選択している。

 

 

コレって釣り人が望んでいる!のだろうなーとつくづく。

 

 

 

そう考えると、釣りってアナログだから面白いんでしょうね?

僕自身、釣具が今後一切進化しなくても、一生変わらず楽しめる自信がありますから!

 

Red wave | 真鯛や黒鯛、シーバス、根魚(ロック)などを投げ釣り(ぶっこみ釣り)メインに色々なスタイルで狙っています。役立つ情報や気になることを更新してます。

釣り情報満載のランキングサイト

↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました