ぶっこみ釣りの醍醐味!竿先の絞り込みがいいでしょ?

スポンサーリンク

手軽に置き竿で、とにかくアタリを待つぶっこみ釣り。

エサを付けて投げる。アタリを待つ。仕掛けを回収してエサを交換して、また投げ入れる。

 

これの繰り返しで、想像するにとってもつまらなそうな・・・退屈そうな釣りと思っている人が多いのではないでしょうか?

いやいやそうでもないんですよ。

そのアタリがぶっこみ釣りの醍醐味ですからね。

ぶっこみ釣りのなにがいいって・・竿先が絞り込まれるのがいいでしょ!

 

 

ぶっこみ釣りや投げ釣りで大物を狙っていると、ほとんどの時間をエサ取りとの戦いに費やします。

エサをかじられては交換し、また投入する。

エサ取りのアタリが遠のき沈黙の中・・・

 

 

その時は突然やってきます。

 

竿先が大きく叩かれ、エサ取りとは全く別物と分かる大きなアタリがいきなりきます。

この時は、「そのまま食い込め!」と心の中で叫んでしまいます。

その後、力強く道糸が引かれ竿先は海へと絞り込まれていきドラグの逆転音を鳴り響かせる。

 

大物ぶっこみ釣り(投げ釣り)の一番の醍醐味

 

今回、磯ぶっこみの動画で気持ちがいいアタリが見れたのでご紹介します。これを見ればぶっこみ釣りを知らない人にも、アタリの醍醐味も、分かり易く伝わるのではないかなと思います。

大物釣りではないですが、十分楽しめると思います。

※貼り付けていた動画が削除されてしまいました。

 

釣り情報満載のブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました