釣り雑談

魚のプロが伝授【究極の血抜き】がすごい!?解説が勉強になった






LINEで送る
Pocket

釣れた魚は、持ち帰って美味しく食べるためにも、簡易的な「血抜き」だけでもやりましょう。

ということで、とても簡単な方法は、エラを取ることです。

ナイフやハサミが無くてもできるから、実践することをおすすめします。

 

個人的に実践している「血抜き」の方法は、過去の記事から・・・

僕の場合は、ナイフを使用します。

おそらく2,000円程度で売られていますから、是非買ってみてください。

ちなみに、海釣りではステンレス製が長持ちしておすすめです。

平らな所に魚を置いて、暴れないようにタオルで魚の目を隠します。

ナイフでえらの上の付け根に切り込みを入れます。

慣れるまではしっかりと切ってください。

切り込みを入れると、一気に血が出てきますので簡単に確認できます。

 

そのあとは、尾っぽの付け根のウロコを少し剥がし、縦に切り込みを入れます。 これで完了。

 

水の入ったバケツの中に入れるか、ストリンガーで水中に入れておけば良いです。

 

釣られた直後は、魚にストレスが掛かっていますから、

一度ストリンガーで泳がせながら時間をおいて、血抜きをすると良いようです!

切り込みを入れた後の血抜きも、海水に浸けておきますから、ぶら下げておけるストリンガーが便利です。

個人的には、釣りの必須アイテム。

人気の【ストリンガー7選】あなたはどのタイプ?釣りの必須アイテム!
思わぬ大きな魚が釣れたとき(または大物釣り)、クーラーボックスやスカリに魚が入らない・・・と困ってしまうことがあります。釣った魚を美味しく頂くには、鮮度を保たないといけません。そんなときにおすすめなのが、ストリンガーです。鮮度を保つための血抜き処理にも、ストリンガーは便利です。お手頃なものから本格的なものまでを紹介。

 

スポンサーリンク

 

プロが実践する「究極の血抜き」とは?

今回、プロが実践している「血抜き」を確認しましたが、やっぱりすごいですね。

ポイントは、血が全部でてくる感じ・・・ちょっと圧巻です。

血抜き、神経締めも紹介されていますから、下の動画をご覧ください。

 

5分弱の動画ですが、ものすごく勉強になりますから、最後まで見ることをおすすめしますよ。

解説も分かりやすくとても勉強になったのではないでしょうか?

 

知り合いの板前さんも

「適性に処理をして、熟成させると格段に美味しくなりますよ」

と言っていましたから、しっかりやる価値は大いにありそうです。

 

で、こちらが第二弾。

前半の内容は同じですが、プロならではの保存方法がみれます。

ここまでくると、ちょっとできないかな~w

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-釣り雑談