最強ハリス(リーダー)を求めていた答えが・・コレ?アリでしょ!

スポンサーリンク

魚に見えない、見えにくいハリス(リーダー)もひとつの最強かもしれないけど・・・強度が強いハリス(リーダー)も最強のひとつの答え!

今回は、根ズレ強度(耐摩耗性)でコレは・・・と感じたハリスを紹介します(あくまで個人的な意見なので判断はお任せですが・・・)

ちなみに、ハリス専用カモフラージュラインに関する記事はコチラからどうぞ。

※真鯛釣行では主にピンクハリスを使用

 

スポンサーリンク

耐摩耗性に優れたハリス(リーダー)

真鯛釣行では、ハリスにフロロカーボン(真鯛ピンク)を使用することが多かったけど、ここ数年はちょっと色々と試していて、考えが少し変化している。

それが、

ハリス(リーダー)って専用ラインじゃなくてもいいんじゃない???

 

これは以前から試していたことで・・・

例えば、餌の吸い込みを良くするためにフロロカーボンより柔らかい道糸用のナイロンライン(蛍光ナイロンも)を使ったり、それでも釣れるなら極太PEラインではどうか?って試して実際に釣果が上がっているわけですよ。

雑な釣りとか子供を連れていくような釣りではフツーに道糸用ナイロン(色付き)で針を結んだりしますけど、まー釣れちゃう。

 

もっと言うと、大物用(餌釣り)に使用する「根付け加工」なんか・・・もう魚に見えにくいとかのレベルではないでしょ?

そんなレベルなら、ハリスはハリス専用ラインでなきゃいけないってことは無い・・・は言い過ぎかもしれないけど、固定観念は無くしてもイイかも(硬さは別モノと考えてはいるが)

 

で、ここ最近好んで使っているのが、下の画像のライン。

ケプラーに結んであるグレーのラインが分かりますか?

これは、ルアー専用(道糸)のナイロンラインで、実際に堤防コンクリートの角で擦ってみましたけど、コーティングされていて滑りが良いのか?フロロカーボンみたいに削れて(ささくれて)こないんですよ、ね、、、

このライン・・・マジで擦れに強い!!!

※興味のある方は、試してみて

 

僕が購入した時点ではMAXで30lb(8号)でしたが、現在は50lbまで発売されています。

ハリス(リーダー)専用ラインではないですが、製品のうたい文句である「フロロを遥かに凌ぐ耐摩耗」を実感できるラインです。

僕が知る限りでは、このラインは最強!というか、専用ラインってなんなの?

 

※号数とlbテスト換算はコチラ

10号(35lb)、12号(40lb)、14号(50lb)

created by Rinker
サンヨーナイロン
¥2,206(2021/10/20 20:20:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

【自作】ケプラー(ザイロン)根付もアシストフックも意外に簡単!?
チモト補強のケプラーノット(ケプラート)で根付加工やアシストフックを作ること(自作)ができます。一度覚えてしまえば意外と簡単で好きなフック(釣り針)や好きな長さ、ニードルを使えばループも可能です。使用する道具は、ケプラーノット、ボビンホルダー、セキ糸、瞬間接着剤、マニュキアなど
どっちが強い?「ナイロン12lb・フロロ14lb」意外と知らない事実
「ナイロンライン」と「フロロカーボンライン」 どちらが強度的に強いか?という質問に、多くの人はフロロカーボンの方が強い!と答えるのではないでしょうか。 おそらくこれは、キズやコスレに強い「フロロカーボンライン」の特徴である「耐摩耗性」が定着していることが大きいです。しかし、フロロよりもナイロンの方が強い理由も。GTRウルトラ

 

スポンサーリンク
ライン・ハリス
スポンサーリンク
赤波をフォローする
Red wave

ブログランキングに参加しています。

宜しければ、応援ワンクリお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました