約1400m【ライン交換】わずか4分で放出?って鬼のように便利!

スポンサーリンク

ライン交換ってかなり手間じゃないですか・・・・なので、まとめて一気に交換しちゃうタイプです!

 

今回はマダイ用にリール7台(1台につき200m程度)、総延長・・・約1400mを交換。

まずは、古くなったナイロンラインを取り除く作業・・・ラインを巻くことも手間だけど、1400mも手でやるって気が遠くなるよね?

以前も紹介したけど、「ラインチャンジャー」が鬼のように便利なのであらためて紹介しておきます!

 

ナイロンライン200メートルを約30秒で完全に取り除くことが可能。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥2,881(2020/08/05 08:45:03時点 Amazon調べ-詳細)

実際に使ってみないと「ふーん」って感じになるだろうけど、使うと絶対手でやらないから・・・

マジで鬼のように便利です!

 

ちなみにコチラがPEライン用

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥2,811(2020/08/05 08:45:04時点 Amazon調べ-詳細)

シマノにもあります。

 

スポンサーリンク

ライン交換作業

スプールからラインを取り除く

で、そのラインチェンジャーを使うと約1400mという膨大なナイロンが一瞬で放出さる。

こんな感じに。

これでラインの量が伝わるかは微妙ですが、ビニール袋はナイロンラインでパンパン。

これがわずか3~4分程度で放出されてしまう・・・便利すぎる!

 

リールにラインを巻いていく

古いラインはサクッと取り除いたので、今度は新しいナイロンを巻いていきます。

個人的にナイロンラインは数種類を使い分けてますが、今回は「アトミックスライダー」

 

昨年、今までで一番の引きを味わったものの魚の顔も見れずバラシて数日凹んでいたことは内緒ですが、自己記録の8キロクラスはこのアトミックで水揚げしています。

下のデカいボビンは3000m巻き。

普段は太さを色分けしながら1000m巻きを買うので、3000m巻きは久々の購入。

画像を張り付けているときに気が付いたけど、これだけで7000m。ほかに使いきっていないものがいくつもあるのでたぶん10000m近く保有している・・・改めて考えるとかなり買ってるな。

 

7台すべて巻き替えてフッと棚を見たら、以前愛用していたダイワ「パワーサーフQD」が目についた。

ハンドル回してみたら妙に使いたくなったので、1台だけ巻き替えて海に連れて行ってあげよ!

 

ブログランキングに参加しています。

宜しければ、応援ワンクリお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました