釣り雑談

これ好きです「糸鳴り」ラインが張り詰めて、独特の音が聞こえるときは、〇〇の予感!!

2018/05/04






LINEで送る
Pocket

 

 

釣り用語として使われる「糸鳴り」をご存知ですか?

 

 

この「糸鳴り」は、ルアーフィッシングでも使われる言葉で、その内容は次の通りです。

 

「PEラインを使用し、巻いているときにガイドリング(Sic)と擦れることで鳴る独特の「糸巻き音」やその波動で魚を寄せるテクニックのこと」

「重たいシンカー(オモリ)を使って、ロッドを素早くあおることでラインが水面を切り、その「水切り音」で魚を寄せるテクニックのこと」

 

これは、一つの集魚効果として捉えられている技(テクニック)のことで、ルアーフィッシングの中で「糸鳴り音」と使われています。

 

 

で、これとは違って、釣り全般で使われる本来の意味の「糸鳴り」

これが、好きです。好きなんですよね~

スポンサーリンク

 

個人的に好きな「糸鳴り」とは、

大型の魚が掛かったり、強く道糸を引かれたときに、道糸が張り詰めて、道糸が鳴ることです。

実際の音を言葉で表すと、

「フィーーーーーーーーーーン」

とか

「キーーーーーーーーーーーン」

といった感じの表現になりますかね?

 

言葉で説明しても、なかなか伝わらないと思いますので、動画を探してみました。

こういった音を、聞いたときがあるのではないでしょうか?

 

分かりますか・・・聞こえましたか?

風の音の中に、かすかに聞こえる甲高い音です。

もう一度、聞き直したら、こっちの方が近いかな?

 

「フィィィーーーーーーーーン」

 

「キュィィィーーーーーーーン」

 

 

 

特に夜釣りなど人が少なく静かなときは、この音が釣り場に響き渡ります。

 

 

アワセを入れた直後から、張り詰めた道糸が鳴る。

この「糸鳴り」が起きると・・・

 

ちょっと、真剣になります(笑)

 

この「糸鳴り音」がなる場合は、ハイ、そうです。

 

大物の予感ですよ!!

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-釣り雑談