ドラグフリー釣法とは?逆転するドラグ音が魅力の置き竿スタイル!

スポンサーリンク

大物狙いでメジャーな釣りスタイルのひとつにドラグフリー釣法があります。

「これって、どんな釣り方なの?」と知らない人もいると思うので、ドラグフリーについて説明しておきます。

 

スポンサーリンク

ドラグフリー釣法

ドラグフリーとは?

ドラグフリーとは、魚のアタリに対してスプールが逆転し、道糸(ライン)を送り出すことで、竿を海に持っていかれるトラブルに対応、さらには道糸(ライン)を送ることで違和感を減らし食い込みを良くする釣り方のことです。

引用【ドラグフリー釣法】で注意したい5つのこと!ありがちなトラブル?

上記のように置き竿でアタリを待っているときにドラグが締まっていると、大きなアタリ一発で竿立てを倒し竿が海に飛んでいくことがありますが、ドラグフリー釣法であれば魚に引っ張られた分だけ道糸を送るので竿が飛ばされる心配がありません。

また、このときに鳴り響くドラグ音(ジィィーーーーー)が魅力の釣法でもあります。

大物狙いなら、竿先を見ていなくてもいいメリットも大きいですけど、このドラグの逆転音(魚のアタリ)を聞きたいがために「ドラグフリー」で釣りをしている人も少なくないハズ!

 

ドラグフリー対応の専用リール

ドラグフリー対応のリールが、ダイワ・シマノさんから発売されています。

ドラグノブを半回転~1回転するだけで開放(フリー)締め込み(ロック)を瞬時に切り替えることができ、通常ドラグのように時間が掛からず合わせまでを迅速に行うことができる専用リールです。

 

ダイワさんがQD(クイックドラグ)、シマノさんがTD(ツインドラグ)もしくはSD(スピードドラグ)という名称の機能で、構造はどれもほぼ一緒。

自重やテクノロジー、ベアリング数などを考慮すると・・・・現時点でコスパ最強は、大物対応で軽量モデル「パワーサーフSS QD」でしょうね。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥21,866(2020/10/01 17:24:22時点 Amazon調べ-詳細)

他のモデルも気になる人はコチラ

【投げ釣り】おすすめリール8選!ドラグフリー対応モデルで決まり!
投げ釣りの置き竿スタイルで、大物のアタリに対しスプールが逆転する「ドラグフリー釣法」に対応したダイワのQD(クイックドラグ)やシマノのTD(瞬間起動ツインドラグ)SD(ハイスピードドラグ)仕様の8モデルを比較。(ダイワ)トーナメントサーフ、サーフベーシア、パワーサーフ、(シマノ)パワーエアロ、フリーゲン、スピンパワー、プロサーフ

 

リール関連記事

道糸を送る「ドラグフリー釣法」とは真逆の「ドラグロック釣法」もあります。

大物投げ釣り「なぜドラグフリーでなくドラグロック?」使い分けとは
大物投げ釣りで耳にする「ドラグフリー釣法」とは、魚のアタリ(引き)に対してスプールが逆転して道糸を送るスタイルのことですが、逆にドラグを一切緩めずにドラグをフルロックするスタイル。「なんでドラグをロックするんですか?」「ドラグフリー」は大物を狙った置き竿では定番のスタイルなので「なんで?」と思う人も多いハズ。
リールのドラグ「調整方法」ライン強度の1/3程度に設定がおすすめ!
大きな魚を釣り上げるために、どうしても必要になってくるのが、リールに備わっているドラグ機能ですよね?そのドラグ設定方法(調整のやり方)を紹介します。不意の大物が掛かったときに、ラインブレイクなんてことが無いよう、しっかりと設定したいですね。正確に行うにはデジタルスケールがおすすめです。
大物のアタリで竿が吹っ飛ぶ【ぶっこみ】高感度とかどーでもよくね?
大物ぶっこみ釣りの醍醐味と言えば、突然の大きなアタリで竿が吹っ飛ぶこと。ドラグロックでは尻手ロープを付けて魚が走ることを止めます。大物ぶっこみ釣りアタリぶっ飛ばし動画あり

 

ブログランキングに参加しています。

宜しければ、応援ワンクリお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました