釣り雑談

危険な実体験・・「雷」が近づくと釣り竿に静電気が帯電する!?

2017/12/16






LINEで送る
Pocket

以前に雨の日は釣りをしましょう!という記事を書きました。

雨は魚を釣るには好都合なので、そこら辺を書いた記事なのですが、大切なことを書き忘れました・・・

と言うことで、「雨の日の釣りに、気を付けなければいけないこと!」

 

雨の日は、「人気の釣り場に釣り人が少ない」とか、「低気圧になるので魚の活性が高くなる」など、釣行には好条件になることが多いです。

ただし気がかりな点は、雨に打たれて濡れてしまうこと。

これは、高性能なレインウエアを着用することで、かなりのストレスフリーになります!ってことは伝えておきたい。

【好釣果】雨の日に釣りをしましょう!高性能な「レインウェア」ならとても快適です。
雨降りは釣り人が少ないですよね?そんな日は、自由に釣りができます。魚の活性が上がる時合の要因にもなる雨ですが、釣り人にとって、雨天は不快です。どうしても濡れてしまうからですね。高性能なレインウェア(ゴアテックスなど)は、雨でも快適に釣りを楽しむことができます。釣果にも繋がりますから、持っていなければ用意されると・・
スポンサーリンク

高性能なレインウェアを着用することで、驚くほど快適な釣りができることは、以前の記事で紹介しましたが、「雨天」では同時に気を付けなければいけないことがあります。

皆さんも十分承知のことと思いますが、「落雷」です!

 

ただ、ここで勘違いして欲しくないところは、

「雨天」=「雷」

ではないということです。

雨が降っていても、雷が発生しない日はたくさんありますからね。

ここらへんは、天気予報(ネットなど)で、雷注意報が出ていなければ問題なく釣行ができます。

 

予め言っておきますが、雷注意報が出ているときには釣行は断念しましょう(当たり前ですが・・・ヤバいですからね)

 

☑落雷のメカニズム

科学者ではないので、本格的な説明はできませんが、簡単に落雷のメカニズムを話します。

 

雲の中で、雨の元となる氷の粒がぶつかり合い静電気が発生します。

この発生した静電気が、雲の中に溜まります。

溜まった静電気が放電すると、落雷が発生します。

以上!

 

簡単すぎるかもしれませんが、これくらい知っておけばOKじゃないでしょうか・・・

 

詳しく知りたい方は、下の動画をご覧ください!

 

☑雷の恐怖(過去の実体験)

僕自身、普段なかなか釣行の時間が取れないと、天候を確認しないで釣行してしまうことがあります。

こんなときは、釣りに行きたくてウズウズしているようなときなので、レインウエアを準備して雨降りでも構わず釣り場にGO!

 

この日は、サーフスタンド(竿立て)に竿を掛けて待つ、置き竿スタイルのぶっこみ釣り。

針にエサを付けて、仕掛けをぴゅーんと投入。

しばらくアタリを待っていると・・・

 

「ゴロゴロゴロ」

 

遠くの空の雲の中で、薄っすら光ってます(-_-;)

せっかく時間が取れたのに・・・

 

で、「まだ遠いから大丈夫だろう」

なんて言いながら、そのまま釣りを続けていると・・・・

 

ジジジジジジィィィィ~~~~~~

 

ゆ~っくりドラグが出たのかな?

どの竿にアタリがあったのか確認しようと、竿先見ると?

竿先は微動だにしてません!?

が、うっすら音は鳴り続けてます・・・

 

竿に近づいてみると、

ジジジジジィィィィィィ~~~~

 

「えっ?何の音???」

 

日が沈み辺りが暗くなっていたので、ヘッドライトで竿を照らしてみると、

コンクリートに付着している乾燥した海草が、プルプルと細かく振動しながら竿尻に引っ張られてます。

 

「なにが起きてるんだ?」

 

と同時に、雷が頭をよぎります。

経験されている人は、もうお分かりですね!

 

釣り竿に、静電気が帯電(電気が溜まること)していることが原因なんです!!

 

試しに、プライヤーを取り出し竿に近づけてみると、

チチチ・・・パチパチ・・

 

ハイ、納竿決定です!!

 

ただ、竿を片付けたくても怖くて触ることができないんですよねー

でも、迷っていても仕方がないので、恐る恐る竿を握ってみると

あら・・なんともない!

 

かなりビビッていたのが何だったのか・・・これならと、リールのハンドルを巻き始めると

バチン!!

竿を持っている手と竿の間から、閃光が・・・もう恐怖で触れない~~とほほ

 

 

 

結果的には、何度かチャレンジしているうちに雷が離れて帯電が収まり、無事に納竿することができたのですが、もし雷が近づいていたら・・・

 

最悪の結果。。。

 

お恥ずかしい話・・・実は、このような体験は一度ではないんですよね。

なので、説得力ないですけど、

雨天での釣行は、注意報を必ず確認してください!!

 

必要はないとは思いますが、雨降りでも釣りに行く!という方がいましたら、こんなアイテムをご検討ください!

 

リアルタイムに雷が落ちている位置を確認することができます!!

今、どこに落ちてる?【落雷】をリアルタイムに位置確認できます!
ゴルフやイベント、キャンプ、釣りなどのアウトドア、その他の屋外レジャー中に、天気が急変した・・・なんてときに怖いのが「落雷」です。 そんな雷(雷雨)の位置をリアルタイムに確認したいときに便利なサイトを紹介します(気象庁のレーダー(注意報)ではありません)落ちた瞬間(リアルタイム)に場所を確認できます。
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-釣り雑談