【投げ釣り】80真鯛をキャッチ!と言いたかったけど・・・なにか?

この記事は約3分で読めます。

これから雨降りが多くなるので、天気が良いうちにと堤防へ行ってきました。

明るい早い時間帯から竿を出し、海を眺めていると水面で魚がライズしています。

こんな日は比較的活性が高いことが多く、なんとな~くアタリそうな雰囲気です。

 

一投目から竿先が叩くアタリがあり、竿先が入りきらないので合わせを入れると

小型の引き・・・30センチくらいのチヌを水揚げ。

サイズがサイズだけにリリース。

小さいですが、幸先の良い釣行となりました。

 

 

スポンサーリンク

夜の部 真鯛釣行スタート!

夕マズメ時は何も起こらず暗くなり竿先ライトを取付て、いよいよ夜の投げ釣りスタート。

2回ほどエサの交換をして待っていると

 

ジィーーーーーー

 

っと一瞬だけのドラグ音!

竿に近づきドラグを締めるが、走りが止まってしまった。

 

仕掛けの回収をしようとすると別の竿が

ジィ、ジジィ・・・

と竿先を叩くアタリで少しずつラインが出ているよう・・・

で、これもまたすぐにアタリが止まり掛けられず。

 

アタリはあるのに食いが浅い

幸先よくチヌが釣れ、魚の活性が高いかなと思っていましたが、そう簡単ではない様子。

「アタリがあるから活性が高い!」

とならない日がたまにあります・・・理由はわかりませんが、ちょっと釣り人泣かせ。

でも、ラインが出ること自体がそれなりの大きさの魚のアタリなので、食い込みが悪いと判断してハリスを交換することに!

 

というのも先回のハリス切れ(大失敗・・・)から、今回はハリスを太くしての釣行で、いつもは使わない張りの強いハリスを使用していました。

アタリの感じから本命が近くにいるかも?と判断し、アピールより食い込みを重視することに。

ハリス交換と同時に針のサイズを落とし、夜光玉を外した仕掛けを作り直し再び投入。

 

そうこうしているうちに、時合いが過ぎてしまったみたいで、予備の仕掛けを用意していなかったのは失敗。

こういったチャンスをものにできないのは非常にモッタイナイ。

 

で、しばらく沈黙が続く・・・・しばらくではなくかなり続く・・・

 

 

沈黙の後の小さなアタリ

しばらく沈黙が続いたあと、竿先をコツコツと叩く小さなアタリがあり、まぁこんな日だからと一応タイミングを図り合わせを入れてみると?

 

グググ~っとイイ感じの引き!マダイっぽい・・けっこう引く!

 

 

大台にちょっと足らないのが残念ですが、良型の真鯛を水揚げ。

その後は連発とはならず、数回のウミヘビとの格闘に飽きて納竿しました。

私見ですが・・・「大真鯛」釣るための3つの考え(投げ釣り・ぶっこみ釣り)
大きな魚を狙っているとやはり記録的サイズを狙うのは当然のことですが、個人的な目標として、真鯛に関しては無謀にも10キロを目標としています。今現在は、数を釣ることで大型の確率を上げている状況です。釣れた魚の中に大型が混ざる感覚なのですが、これって半分が運の世界なので、大真鯛に対する個人的な考えを少し話したいと思います。
【釣り針】おすすめどれ?大物投げ釣りに適した定番を紹介!
釣具屋さんに行くと、たくさんの種類の釣り針が売られています。 正直、種類がたくさんあり過ぎて、どれを選んでいいものか迷ってしまいますよね? まして、実際の釣行時にアタリがあってもなかなか針に掛かってくれないと・・・

 

釣り情報満載のランキングサイト

↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました