【ぶっこみ釣りには夢がある】大きくなったらまたおいで・・必ずだよ

スポンサーリンク

この時期の釣行になると真鯛の乗っ込みシーズンも過ぎたせいか、ぶっこんでいる人が少ない。

釣り人も数人が夕マズメを狙ってルアーやジグを投げている程度で、竿を出して釣りを始める頃にはあたりが暗くなり皆さん退散。

釣り場は貸し切り状態です。

 

 

 

 

誰もいない釣り場で、ゆっくり自由に釣りができることが好きな僕にとっては、非常にありがたいこと!

なーんて思いながら仕掛けを投入。

ここ最近はキス釣りの人も良く見かけるので、ヒラメとマゴチなど他の魚も視野に入れて今回は針のサイズをぐっと小さくした。

エサ取りのアタリすらなくエサは無傷。

回収してエサの確認をしてそのまま再投入を繰り返すが、大きなアタリもなく、むなしくも時間だけが過ぎていく。

珍しいくらいにエサがやられない。

 

 

潮が動き出し風が吹き始めると水面がざわつき、今までピクリともしなかった竿先が動き始めた。

少し眺めていると、竿先が

 

コン、ココン、・・・コン・・・ココン!

 

 

回収してみると、宿敵フグ兄貴の登場。

とかやってると、また別の竿がジィーー・・ジィー

 

またしてもフグさん。

今までピクリともしなかったのが、一気にフグ兄貴モード突入!

打ち返してもすぐに

ジィー

またフグ兄貴だろうとそのまま放置をした

ジィィィィーーーーーーーーーーー

 

走ったので合わせを入れると、魚は付いてるけど引きもしない・・・

IMG_2234

30センチ足らずのチャリコ。

 

針を小さくしたらこんなの釣れちゃうのね・・・

優しく針を外してリリース。

たまには釣り場でパシャリと写真を撮っていると、別の竿にもアタリ!?

IMG_2230

さらにサイズダウンのチャリコが釣れた。

 

こちらも丁寧にリリース。

「大きくなったらまたおいで~」

 

釣り情報満載のブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました