おすすめ その他雑談

携帯に接続すると壁の裏側が見える!walabot diyって何?【動画】

2018/01/06






LINEで送る
Pocket

 

 

 

この商品を知っていますか?

「Walabot diy」

この商品、携帯と接続すると・・

誰でも簡単に壁の裏側を見ることが出来る!!

 

本当ですよ!下の動画をチェックしてください。

壁の裏側がハッキリと見えてますから!!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

walabot diy

 

 

 

壁の裏側

壁の裏側といっても反対側でなく壁の中です。

 

この「walabot diy」は、スマートフォンと接続して、壁をスキャンすると、スマートフォンのディスプレイに壁の中が映し出される仕組みになっています。

使用できるのは、アンドロイドを搭載したモデル。専用のアプリをGoogle Play Storeからダウンロードするだけ。

誰でも簡単に、壁の中にある全てを見ることができます。

壁の裏側を確認する装置は、業務用としては以前からありましたが、ここまでコンパクトで、ハッキリと柔軟にスキャンできるものはありませんでした。

コンクリート製の壁や住宅の室内の壁を、深さ10センチまで見ることが可能で、鉄筋コンクリート内部の鉄筋や鉄製・木製の下地(骨組み)はもちろん、ガス管や水道管、電気の配管・ケーブルまで全て感知することができ、音や光で知らせてくれます

また感知した物体の形状を、3Dで立体的に視覚化しますので、壁にあるものが何であるのかハッキリと知ることができます。

 

ビックリすることに、壁の中のネズミまでが!?

DIY用

このwalabot diyは、その名の通りDIY用に作られました。

最近は芸能人のヒロミさんが、テレビで良くDIYをしていますが・・・あれですね。

 

今は、大型ホームセンターに行けば何でも揃いますから、「家の壁に棚を作ろうかな?」なんてことは簡単にできます。

ただし、壁などにドリルビスや釘を打ち込むときに、

水道や電気の配管があったらどうなると思いますか?

 

そんな思わぬトラブルを回避に必要なのが、「walabot DIY」

応用次第で色々なものに使えそうです!

 

「walabot DIY」

 

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-おすすめ, その他雑談