おすすめ タックル・仕掛け ロッド・リール 釣り雑談

低予算でOK?大物も狙えるぶっこみ釣りに必要なタックルを探してみた

2018/05/19






LINEで送る
Pocket

こんなコメントを頂いたので・・・

「大物ぶっこみ釣りにすごく興味があるのですが、他の釣りをしていて予算があまりありません。低予算でおすすめのタックルはありますか?」

 

なるほど~!そんな人が他にもいるのかも?ってことで、書くことにしました。

 

これから始めるということは、初めての釣りなので、どれを買っていいのか、どのくらい予算がいるのか、分からないですよね?

そこで、ぶっこみ釣りのタックルを条件に合わせて低予算で、探してみました。

 

今回の条件は、「大型の魚も視野に入れた大物ぶっこみ釣りタックル」です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

大物ぶっこみ釣りタックル

 

磯竿 ¥12.000-前後

大物志向となると、磯竿5号遠投モデル!大型の魚も釣り上げることはもちろんですが、魚種、大きさを問わず幅の広い釣りに対応します。

誤解のないように書いておきますが、黒鯛(チヌ)の40センチ程度なら、磯竿3号でも十分揚がります。

あくまでそれ以上の大物を掛けたときに釣り上げやすいように!という意味で、5号をオススメします。

 

リール(QD仕様) ¥8.000-前後

 
 

大物釣りには、QD搭載モデル!QD(クイックドラグ)は、大物釣りに欠かせない機能のひとつなので、ここは搭載モデルのクロスキャストを選択。

ナイロン5号を150メートル以上巻けるのは、大物釣りには非常に安心です。

 

 

大物対応タックルの費用

低予算で始められる?という基準で考え始めたのですが、値段だけを追ってしまうと雑なものしかないので、一流メーカーで、「必要な性能をクリアしたもの」と考えて選んでみました(独断で決めたものですが・・・)

今回選んだロッド・リール、共にダイワ製のものですが、ダイワびいきをしたものではなく、その他メーカーが低価格で、かつ必要な性能を有した製品ラインナップがなかったというだけですので、ご理解くださいませ。

 

費用

大物対応の磯竿が、ダイワ製のリーガル5号ー53遠投モデルで、価格が¥12.000-前後!

QDが付いた投げ釣り用リールが、ダイワ製のクロスキャスト4000QDモデルで、価格が¥8.000-前後!

 

大物対応のタックルを揃えるのに「約2万円」という結果になりました。

 

この2万円という金額に関して、高い安いは個人の考え方なのですが、「シマノ ちょい投げセット」でも1万円くらいすることを考えると、大物ぶっこみ釣りに適した磯竿に、QD(クイックドラグ)が付いた遠投リールの組み合わせで、この金額は、買いですね!

 

 

その他道具

竿とリール以外は、他の釣りと重複するものもありますから、別物と考えて個別で価格を出していきます。

道糸 ¥1.000-

ナイロンの道糸は、選択肢が多く何を優先に考えるかで迷いましたが、品質が良いもので、より低価格なものという基準から選んだものは、ジャストロンです。

PEラインで釣りをされている人はいいのですが、扱いが慣れていないとトラブルもありますから、除外しました。

 

ハリス ¥1.000-前後

信頼のシーガーハリスです。定番商品なので、それなりの規模の釣具屋さんなら、必ずある商品です。

100メートルありますので、一回の釣行で5メートル使っても、20回分。十分ですね!

 

オモリ ¥350-前後

淡水の鯉釣りでも使用される、ぶっこみ釣りの定番オモリ(通称、亀オモリ)です。タル型の中通しオモリでも問題ありませんが、どちらにせよ糸を傷めないゴム管タイプが無難です。

ほかにも、オタフクオモリなどがあります。流されなければ、特に形状などこだわることはありません。

 

 

サルカン ¥200-前後

スイベルも回転性能など気になりがちですが、さほど気にすることはありません。

一回でも使用したものは、サビが出てきますので、新しいものに交換するものと考え、安価なもので良いと思います。

小さなサイズでも、強度は十分ですが、小さいものは、オモリのゴム管に食い込むことがあります。

大きくても困ることはありませんので、大きめのものを選びましょう。

小さなサイズを使いたい人は、ゴム管とサルカンの間にシモリ玉やビーズを入れると、食い込みを解消することができます。

 

針 ¥300-前後

今回は、ぶっこみ釣りや投げ釣りで、魚種問わずに使える万能針の「丸セイゴ」を選びました。僕もチヌから五目釣りでは、良く使います。

というか、ぶっこみ釣りに必ず持って行く針です。

 

針(糸付き) ¥400-前後

「針を結べない・・・不安がある・・・」という人は、釣具屋さんで糸付きの完成品を購入することができます。完成品だからと言って、高いものではありません。

オーナーの糸付き丸セイゴは、9本入りで400円くらいなので、1セット約45円です。

 

頻繁に行かないようでしたら、針とハリスを別々に買わず、こちら完成品を必要な分だけ買っている方が安いのかも入れません。

 

 

竿立て ¥2.000-~

竿立ても、どこの釣具屋さんでも売ってますね。

特にこだわらなくて安いものでけっこうです。高さは調整できますが、あまり低いものはお勧めしません。

自由度の高い、調整幅があるものを買いましょう。

 

玉網

堤防などの高い足場で大型の魚となると、必要になってくるのが、玉網です(サーフでは必要ありません)

これについては、釣り場の高さや枠の大きさなど様々ですから、こんな商品とご提案ができませんが、柄が足らなくて困ることはあっても、長すぎて困るものではないので、長めのもので考えて下さい。(6.0メートルでほぼ対応できると思いますが・・・)

また、大型を狙うなら50センチ以上の枠サイズをオススメします。(ちなみに僕は60センチ枠のものです)

 

夜釣り

竿先ライト ¥100-程度

夜釣りに欠かせないのが、竿先ライトです。

暗闇の中でも穂先の揺れを確認することができます。竿の種類によって穂先の径が違いますので、よく確認して購入してください。

 

大物が狙える夜のぶっこみ釣り(投げ釣り)におすすめ!ハピソン竿先ライト

 

まとめ

竿とリールを揃えるのに約2万円。一通り揃えるのに、約2万5千円かかる計算になります。他の釣りをしている人は、すでに持っている道具もあるでしょうから、さらに金額を抑えられます。

ぶっこみ釣りは1本から始めても、そのうち2本に増やしたくなります・・・たぶん(いや必ず)

その増やす場合に大切なことは、タックルを揃えることです!決して、揃っていないとダメということではありませんが・・・

 

置き竿時の穂先の高さを揃えることで見やすくなりますし、穂先の硬さが揃っていると、波や風の影響や判断が付きやすくなります。

互いが違う動きをすることで、取れるアタリもあります。

 

今回は、長く使えるという意味も含めて選んでみました。

質問者の趣旨とは少しズレるかもしれませんが、「これからぶっこみ釣りを始めたい、お金を掛けずにタックルを揃えたい人」の参考になれば幸いです。

【ぶっこみ釣り】大物も釣れる「竿とリール」と基本仕掛けを紹介!
初心者でも手軽に始められ、黒鯛(チヌ)、根魚(カサゴやキジハタなど)やスズキ(シーバス)などの大物も狙えるおすすめの釣りです。 大物も視野に入れた「ぶっこみ釣り(投げ釣り)」に必要な、竿、リール(投げ用ドラグフリー)、道糸、仕掛け(オモリ)、ハリス、釣り針、エサ、ポイント、夜釣りやちょっとしたコツも紹介します。
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-おすすめ, タックル・仕掛け, ロッド・リール, 釣り雑談