マダイ 釣果アップ

一発大物釣りで、後悔しないための5つのポイント!

2018/01/25






LINEで送る
Pocket

そう頻繁にはアタリが出ない投げ真鯛。 そのチャンスをものにできるか?できないか?は釣果を大きく左右します! 僕自身が失敗してきた経験の中で、自然と身に付き、当たり前のように行っている回収時の手順を紹介します。

 

スポンサーリンク

 
386228
 
 

 

 

僕の場合、回収した時にまず

餌→針→ハリス→テンビン→力糸と確認します。

 

餌の状態をみてエサ取りがいるのか?いないのか? どの魚が食べているのか? 天敵のフグ兄~ですとハリスの確認は必須です!

 

針の確認は、針先だけでいいと思います。

どの指でも良いですが、針先を爪に軽く当ててずらします。このときに、針先が食い込み引っ掛かるようですと問題ないですが、引っ掛からず滑るようですと交換の合図です。

 

ハリス

次にハリスの確認、針のチモト(結び目)から糸を指でつまみながらスライドしていきます。

途中で違和感があれば、よく確認をすることです。 フグ兄の噛み跡や根ズレによるキズは即交換します。

ラインがらみがある場合は直し、糸のヨレは個々の判断になりますが、不安なら交換します。

 

天秤

テンビンの確認は、とくに誘導式の場合は砂や海草類がついていないか?カラミはないか?

取り除く事で解消します。

 

力糸

力糸もハリス同様です。 これら一連の動作は身に付けると10秒もあれば出来ますし、且つ、指先の感覚だけで確認できますので夜釣りの暗い場合でもライトを照らすことなく出来る事がポイントです!

交換がなければ、餌を付け替えて(場合によってはそのまま)再投入します。

一発大物の釣りなので、数少ないチャンスをものに出来ない悔しさを考えると・・・とても大事なことです。

先程、失敗していると書きましたが、実際悔しい思いがあるので必ず行うようにしています。 また、面倒くさがらずが大切です!

 

仕掛けが絡んでいてアタリが止まってしまった・・・

針先が甘くなっていてしっかりと針が刺さらず、バラしてしまった・・・

ハリスに傷が入っていて、切れてしまった・・・

 

これは、後悔でしかありません!こうならないようにエサ交換のタイミングでチェックしてみてください。 

 

 
 
 

また、本命の真鯛が釣れましたらハリスは交換しましょう

3号のハリスで1キロクラスの真鯛を5枚釣り上げると結び目の強度が限界になるそうです。

 

僕は釣り上げると必ず交換していますので、チモトの限界は感じたことがないのですが、結び目は強く締めこめば締めこむほど強度が低下していきますので、大物釣りとしてはとても重要なことだと思います。

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, 釣果アップ
-, , , , ,