ダイワ【ロングサーフ】投竿と磯竿のハイブリッド的なイメージ?

スポンサーリンク

現在は、投げマダイ(真鯛の投げ釣り)を中心に海釣りを楽しんでいますが、始まりはチヌ(黒鯛)ぶっこみ釣りです。

投げ釣りで使用される竿はもちろん投げ竿ですが、ぶっこみ釣りは?と言うと、基本は磯竿を使用します(ちょい投げなどはルアーロッドや万能竿なんかでもOKです)

磯竿は、遠投を得意とした投げ竿に比べるとかなりモタッとしたイメージの竿です。

大型の魚を狙ったぶっこみ釣りでは、遠投タイプの磯竿を使用しますが、投げ竿には敵いません。

 

その代わり、大きなメリットが!

それは、穂先が柔らかく魚のアタリをはじきにくいので、食い込みが良いこと!

そして、胴調子の竿なので、強い引きを吸収しやすく魚をバラしにくいことです。

こんな磯竿の特徴は、魚を釣ることにおいてめちゃくちゃメリットになります。

 

個人的に「投げ真鯛」でメインに使用している竿は、ダイワさんの「ロングサーフT」

僕が求めていたイメージに近いものです。

で、この竿の良し悪しなど感じたところを、書いていきます。

この竿が気になっている人は読んでみてください。

 

スポンサーリンク

投げ竿のメリット

それまでは磯竿でぶっこみ釣りをしていたので、初めて投げ竿でチヌを狙ったときは、正直、半信半疑でしたね。

「こんな穂先が硬い竿で、魚は食い込むのかな?」っと・・・

投げ竿は、かなり硬いなぁと感じました。

ま、少し使い慣れてくるとそんな感覚が薄れてはきますが、たまにはってことで磯竿を使うと、やはり違いが分かります。

 

では、投げ竿のメリットから

・遠投性能が高い

投げ専用竿なので、これ、当たり前ですね!

・魚を掛けたときのやり取りが有利

竿が硬い分、魚とのやり取りはしやすくなります。

・根掛かりを外しやすい

根掛かりを外すには硬い竿のほうが良いですね。

 

ザックリと投げ竿のメリットは、この3つ。

 

磯竿のメリット

☑魚をバラしにくい

胴調子なので、竿全体でタメが効き、魚をバラしにくくなります。

☑食い込みが良い

穂先が柔らかいことで、魚のアタリに対して違和感を減らし、食い込みを良くすることができます。

☑長尺ロッド

サーフなど釣り座の低い釣り場での道糸の「波あたり」や前面に背の高い海草、もしくはテトラ帯がある釣り場でのラインの干渉などを防ぐことができます。

また、狭い釣り場では、オモリをぶら下げたまま投げる「ぶら下げ投法」が可能です。

竿の長さがもたらすメリットは意外と多いんですよ。

 

では、投げ竿と磯竿のハイブリッドと感じている

ダイワさんの「ロングサーフT」

 

ロングサーフT ダイワ

ひとつづつ確認していきます。

☑遠投性能は?

「超高密度HVFカーボン」を使用しいることもあり、通常の磯竿よりも遠投向きの竿に仕上がってます。

また、オモリ負荷が軽い磯竿と違って、最大(モデルによりますが)40号まで投げることができますので、一定の遠投性能は備えています。

☑魚を掛けた時のやり取りは?

シャキッとした磯竿というイメージですが、投げ竿ほど強引に遊動はできません。可もなく不可もなくといった感じ。

☑根掛かりを外しやすい

根掛かりを外すということで言いますと、磯竿は厳しい。外すには竿の反発が足らない!

で、ロングサーフはそれなりに反発もありますので、投げ竿とまではいきませんが意外と外れてくれます。

☑魚をバラしにくい

ロングサーフは、磯竿のように胴調子ではなく先調子なんですが、長尺ロッドなので竿全体でタメが効きます。

投げ竿よりも断然バラしにくいですね。

☑食い込みが良い

チャンスの少ない大物は、いかに掛けるか?が重要になってきますので、個人的には一番気になるところです。

磯竿にはやや劣りますが、投げ竿よりも穂先がマイルドなのでかなり食い込みが良い竿です(ただし、オモリ負荷が大きくなるにつれて、この特性が弱くなります)

☑長尺ロッド

先程かいたように、長尺ならではのメリットがあります。

ダイワの製品情報より引用(画像が見にくい場合はこちら)

 

パワーロスを大幅に減少させるダイワの技術であるV-ジョイントと、便利な合わせマーク

 

デメリット

個人的には、気に入っている竿ですが、ほかの人はどう思うかな?という部分を考えてみました。

竿が重たい

オモリ負荷30号の投げ竿が、420~450グラム程度。

ロングサーフの30号が、505グラム。

50グラム以上は、大きい・・・

 

初めて使うときは、正直少し重たく感じました。

ですが、置き竿スタイルの釣りなので使用するにあたって問題はありません。

メリットの方が大きい!という感覚です。

とはいっても、軽量化の時代ですからここはどう感じるか?というところですかね?

投げ竿とは別物

投げ竿と磯竿のメリットを足したという意味でハイブリッドと表現しましたが、使用感は全く別物と思ってください。

投げ釣りの経験が豊富な人には伝わると思いますが、通常の投げ竿は4mクラス。

4.25クラスに変えただけでも感覚はかなり違いますので、投げ竿オンリーだった人は慣れが必要になってきますね。

 

 

気に入って追加購入

正直、こんな竿が欲しいな~と思っていたので、見つけたときは即購入しました。

竿は使ってみないとわからないので最初は半信半疑でしたが、投げ竿と磯竿のメリットを持ち合わせていたためさらに追加購入。

27号と30号を合計5本所有しています。

過去に2本破損していますので、合計7本も買ったことになります。

 

これができたのも、お手頃な価格だったことが大きいです。

以前も(何度も?)話していますが、大物投げ釣りは、同じタックルを揃えることが大きなメリットになります。

なので、あまり高価な竿ですと揃えることが難しくなりますよね?

安価なモデルはおすすめしませんが、上級モデルを1本買うのなら、お手頃な値段のモデルを2本買った方が、大物を釣る可能性は高くなりますよ。

 

調べてみたら、Amazonでけっこう安く売られていますね。

 

ぶっこみ釣り【チヌ】仕掛けと狙い方を紹介!初心者でも大物が釣れる
ぶっこみ釣りは、仕掛け・釣り方が簡単と初心者に優しいおすすめの釣りです。しかも、真鯛・黒鯛(チヌ)・スズキ(シーバス)・根魚(アイナメ・キジハタ・カサゴ)など大型の魚も釣れます。ぶっこみ釣りで使用するタックル(竿やスピニングリール)、仕掛け(オモリ・ハリス・ハリ)、そしてエサ、釣り方のポイントまでを紹介

 

釣り情報満載のブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました