おすすめ ライン・ハリス

こんなのあった!初心者でも簡単に結べるリーダーとPEの結び方

2019/04/13







いきなりですが・・・

エギングをしていると意外に根掛かりが多く(釣り場によりますが・・・)0.6号のPEラインにリーダーでは、結び目で簡単に切れてしまいませんか?

切れてしまうと再度FGノットを組まなきゃいけませんし、時合いのタイミングだったら逃してしまいかねない・・・・

一度ならまだしも連続で根掛かりすると、戦意喪失・・・・

 

そこで僕が実践しているのが「FGノットを結んだ結び目は残して、リーダーが切れる仕組み」

胴突き仕掛けの捨てオモリ式じゃありませんが、「捨てエギ式」です。

 

スポンサーリンク

 

「捨てエギ式」

どうやっても外れない根掛かりは、結果的にエギをロストしてしまうことになりますから、そこは最初からあきらめて・・・・

エギを交換するためのスナップの結び目で切ってしまおう!

というものです。

そうすることで、FGノットを組んだリーダーはそのまま残り、スナップを結び直すだけで即座に釣りを再開することができます。

 

いつも使っているタックルで変更するものは、リーダーだけです。

今のタックルで使用しているPEラインよりも、強度の弱いリーダーを用意すればOK!

通常のリーダー(PEラインの弱さを補うため)の考え方には反しますが、ターゲットがイカ(主にアオリイカ)なので、そもそもドラグは緩く設定しますしライン強度をさほど必要としませんから、問題なく釣りを楽しめます。

 

【簡単最速10秒ノット】

さて、ちょっと前置きが長くなってしまいましたが・・・・

先程のリーダーを細くする方法が使えない場合は、どうしたものか?

色々と考えてはみたものの、結論は素早くノットを組み直すこと!

 

で、10秒くらいで結べるラインシステムはないかなぁ~と、軽い気持ちで

「PE 10秒 ノット」と検索してみると・・・・

あら・・・あった?

簡単最速10ノット 10回巻き 10秒結び 初心者の方でもすぐ出来るリーダーとPEラインの結び方

 

10秒って半分冗談のつもりだったのですが、あるじゃない!?

しかも、ものすごく簡単なので初心者でも簡単に結ぶことができます。

正直もっと早く知っていればよかった。

 

動画なのでとても分かりやすく、すぐに実践できますから良かったら確認してみてください!

 

バリ早ッ?10秒ノット!

【PEライン】メリット・デメリットを知ろう!選び方のポイント
現代では、ナイロン、フロロカーボンを圧倒するPEラインのメリット・デメリットを紹介。直線(引張)強度が強く、糸のサイズ(径)を下げることができ、遠投性が高くなるメリットがあります。反対に耐摩耗性が低く、キズや擦れに弱いなどのデメリットを知ってPEラインの選び方のポイントを掴みましょう。4本撚り8本撚りの違いなど
意外と簡単【最強ノット】結束強度100%リーダーの結び方とは?
結束強度100%を誇る最強ノット。ルアーやジギングなどのアイや仕掛けに使われるサルカン(ヨリモドシ)など、金属の輪に結ぶ強力な結束方法。ハーフヒッチを多用するこのノットは、強く引かれても締めこまれず強度低下が起きにくい!しかも、簡単で覚えやすいのでおすすめです。太いライン(道糸)でも、ナイロン・フロロでも使用できます。
強度MAX【ケプラーノット根付】史上最強のリーダーラインとは?
石鯛釣りではポピュラーな根付補強方法「ケプラーノット根付」は、耐摩耗性などの強度が非常に高く、最強のリーダーラインと言えます。その根付加工された仕掛けで大物を狙うときのメリット、デメリットを紹介。そして、このケプラーノットの結び方についても解説しています。釣り針(フック)のチモト補強を試してはいかがですか?

 

 


nessaw.com 記事下336*280



-おすすめ, ライン・ハリス