釣り餌「ユムシ」って値段が高くない?コスパはそれほど悪くない理由

ユムシの値段(販売価格)は、地域もしくはエサ屋さんによっても違うのでハッキリ言えませんが、おおむね130円くらい(輸入物)ではないでしょうか?

昔は80円とかで売っていましたけどね・・・

一応ネットで調べてみたら、だいたい妥当なところです。※100~160円くらいで販売

その中でも安かったのが1匹108円(税込)※注文は10匹単位、ノークレーム限定

活エサ ユムシ(10匹単位) 約6〜10cm※ノークレーム限定

created by Rinker

ちなみに、↑ Amazon ↑では取り扱っていないのか?アクションガールズとかあやしいヤツが・・・なぜ?

 

というのはさておき・・・

ユムシの値段、高くないか?

釣り餌 1匹が130円程度

ユムシにあまり馴染みがない人は、釣りと餌としては「値段が高いよ~」と感じると思います。

ユムシは主に投げ釣り・ぶっこみ釣りで使われるエサなので、針にユムシを付けてビューンと投げることは、缶ジュースを投げるのと同じ感覚?ですもんね。

青イソメみたいに数匹を房掛けするイメージだと、1匹単位ではたしかに高い・・・

 

たしかに高いかもしれませんが、個人的にはそうは感じていません。

ユムシの特性を知れば、「ユムシってそんなに高いものではないんだな」と気づいてくれるハズです!

 

ユムシはそんなに高くない?

それでは「そんなに高いものではないよ」という部分を紹介していきますね。

ユムシは単体で使うことができる

投げ釣りでは虫エサをたっぷりと房掛けして・・・・

引用(爆釣夢追人

みたいなイメージがあると思いますが、そもそもユムシは一匹で使うエサです。

カレイ狙いなど1投に何匹も使うことを考えると、1投で1匹のエサで済むことはコスパが良いと考えてもいいのではないでしょうか?

 

エサ持ちがかなり良い

通常の虫エサと違って、ユムシは肉厚で丈夫!という特徴があります。

このユムシを初めて使った方の感想がコチラ

初めは毛のない方から刺した。 遠くにブッコみ、アタリを待つ。 やばい、、即行根掛かり!? 高価な餌を失うには早すぎる! 外れたが、たいてい餌はなくなるものだ。

しかし内臓が出ただけでしっかり付いていた! このユムシの丈夫さには驚いた。 しかもその状態でまだ動いている。 再び投入。

着底後に垂みを取っていると、なんと違和感が! 糸が動いている! 即アワセ! しまった、スカ。 もちろん餌はないものと思って上げた。

がしかし! 内臓を取られただけで、まだある。 この頑丈さなら、あの値段は納得と、ニンマリ。

引用(手釣りのロダン

通常の虫エサに比べ、3倍から5倍はエサ持ちが良いですね(個人的な感覚ですが)

エサ持ちが良いということは用意するエサの量も抑えられるので、結果的にコスパは良くなります。

 

ユムシの使い方(おすすめ)

ユムシは大物以外はほとんどが喰いきれないので、アタリのない退屈な釣りになってしまいます。

オススメの使い方としては、やはり食いの良い虫エサと併用することが一番でしょう。

メインを虫エサで数本、大物用にユムシで1本というように使い分けることで釣果も安定し、大物を取りこぼしにくくなりますね。

 

ユムシの値段が高く感じて敬遠している人は、是非一度使ってみてください!

できれば、大型の魚が狙える釣り場で・・・・

活エサ ユムシ(10匹単位) 約6〜10cm※ノークレーム限定

created by Rinker

 

ユムシ関連の記事はコチラです。

釣り餌【ユムシ(コウジ)】良く釣れる?メリット・デメリットとは?
大物を狙う投げ釣り(ぶっこみ釣り)において、大型の実績が高いユムシ(コウジ)にはメリットとデメリットがあります。個人的な考えでは、複数の竿を並べて魚を狙うスタイルの釣りには大きなメリットがあり釣果を伸ばす要因となります。反対に青イソメなどのように万能エサではないので、釣果が出ないデメリットもあります。
“ユムシ” の検索結果 | Red wave
真鯛や黒鯛、シーバス、根魚(ロック)などを投げ釣り(ぶっこみ釣り)メインに色々なスタイルで狙っています。役立つ情報や気になることを更新してます。

 

ぶっこみ釣り【チヌ】仕掛けと狙い方を紹介!初心者でも大物が釣れる
ぶっこみ釣りは、仕掛け・釣り方が簡単と初心者に優しいおすすめの釣りです。しかも、真鯛・黒鯛(チヌ)・スズキ(シーバス)・根魚(アイナメ・キジハタ・カサゴ)など大型の魚も釣れます。ぶっこみ釣りで使用するタックル(竿やスピニングリール)、仕掛け(オモリ・ハリス・ハリ)、そしてエサ、釣り方のポイントまでを紹介

 

釣り情報満載のブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました