投げ釣り餌【ユムシ・コウジ】切れ目を入れて内臓は抜くべきか?






LINEで送る
Pocket

大物狙いの投げ釣り(ぶっこみ釣り)で使われる釣り餌「ユムシ・コウジ

針の付け方(掛け方)ひとつ見ても人それぞれで、サイズ(大きさ)にまで細かくこだわっている人もいるくらいなので、あまり馴染みのない人にとっては、ちょっと使いづらいエサかもしれません。

 

そこで、個人的に聞かれることが多い「ユムシは切れ目を入れた方が良いのですか?」という質問を考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ユムシ・コウジに切れ目を入れる理由

さて、ユムシ・コウジ(以下ユムシで統一)の身にハサミで切れ目を入れることはですが、これはごくごく一般的なことです。

もちろんメリットがあるからなんですが、その理由は大きく分けて以下のふたつ!

 

☑飛距離を伸ばすため!

☑針掛かりを良くするため!

 

 

ユムシは、他の釣り餌に比べてボリュームがあるので、そのままの状態だと空気抵抗が大きく著しく飛距離が落ちてしまいます。

そこで、ハサミで切れ目を入れて内臓を抜き皮だけにして空気抵抗を減らすことで飛距離を伸ばすことができます。

※キャスト時の身切れ・エサ落ちを防ぐ役割もあります。

 

また、ユムシは水を吸い込むことで膨らみ釣り針のフトコロよりも太くなる場合があります。

そんな状態では当然針掛かりが悪くなってしまうので、事前に内臓を抜いておくことで針掛かりを良くすることができます。

 

なので、キャスト時に身切れする・・・とか、遠投したい!とか、なかなか乗らない・・・という人は、試してみると良いですね。

 

個人的には・・・・

説明したように、切れ目を入れて使うことは非常にメリットがあるのですが、個人的には使い分けをしています。

別にガチガチな考えではないので、感覚というか、雰囲気でやってますが・・・

 

まず、釣り場に着いて一投目は、切れ目を入れずそのまま。

(あっ、遠投が必要な場合は別です)

狙いとしては、内臓のニオイを拡散させての集魚効果。

用意ができたタックルからエサを投入しておいて、少しでも魚が寄ってくれればいいなぁーと。

怪しそうなアタリがあったり、狙いの時間帯(時合)の場合のみ・・・・一発で食い込むように抜いてから投入します。

 

また、一投目からエサ取りが寄っている場合などはニオイが逆効果になりますから、最初から抜いてから投げる場合もあります。

うーん、ここらへんはほんと感覚でやっていることなので・・・なんともですが。

 

あ、もうひとつ補足しておくと、大きなユムシは食い込みが悪くなりますので、切れ目ではなくカットして使う人もいます。

真ん中でチョキンと二つに切って使う人もいれば、イカの短冊のように数本に分けて切りチョン掛けして使う人もいますよ。

ご参考までに!

 

良く釣れる?釣り餌ユムシ(コウジ)のメリットデメリットとは?
大物を狙う投げ釣り(ぶっこみ釣り)において、大型の実績が高いユムシ(コウジ)にはメリットとデメリットがあります。個人的な考えでは、複数の竿を並べて魚を狙うスタイルの釣りには大きなメリットがあり釣果を伸ばす要因となります。反対に青イソメなどのように万能エサではないので、釣果が出ないデメリットもあります。
【動画】ユムシって何?「ルッツ」北海道や韓国で食べられる珍味!
「ユムシ」は、干潟など浅い海の砂に縦穴を掘り、その穴の中で生息している海産無脊椎動物です。海産無脊椎動物の生き物と言うと、イカやタコ、ヒトデやナマコなんかが分かりやすいのではないでしょうか?北海道では「ルッツ」和歌山では「イイ」九州では「イイマラ」お隣の国、韓国では「ケブル」と呼ばれています。

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



-