マダイ 釣果アップ

投げ釣り【真鯛】が釣れる潮回りは、セオリーとはちょっと違う?






LINEで送る
Pocket

真鯛の投げ釣り(投げ真鯛)で、釣果が見込める時間帯

の記事を、以前に書きましたが、今回は「潮回り」について。

数年経っているので、少し考えは変わってきているかもしれませんが、参考になるかもしれませんのでリンクを貼っておきます。

真鯛の釣れる時間帯を把握して、効率良く釣りをすれば釣果アップに繋がります。
出来る限り長く釣りができれば良いのですが、これは釣り人の体力やエサ代などの面で効率が悪いのである程度時間を絞っていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

真鯛の投げ釣り(投げ真鯛)で、釣果が見込める潮回りは?

釣り全般の話をすると、一般的には大潮などの潮が大きく動くタイミングはチャンス!!とみる場合が多いですね。

まー釣りのセオリーでもありますし、間違いではありません。

 

で、「真鯛も例外なく、大きく潮が動くタイミングで喰いが立ちます!」

と言いたいところですが、真鯛はそのセオリー通りではないと感じています。

 

☑真鯛は、潮回りよりも時合が大切?

潮の動きが大きいときの釣行は、「魚が釣れる」という固定観念があるのか?釣れる気がしてウキウキすることがあります。

ですが、真鯛の釣行ではこの通りにはならない場合が多いですね(大潮だから釣果が良いとは限らない)

これは、潮回りが真鯛の活性に与える影響が少ない!と考えるのが、自然ではないでしょうか?

 

個人的な考えでは、投げ真鯛で一番大切なのは、時合い(じあい)です!

大型の魚ほど、時合いで釣れるパターンが多い。

なので、僕は「潮回り」を強く意識することはありません!

 

潮回りは、あくまで時合を誘発するひとつの要因と考えています。

「時合(じあい)」魚が良く釣れるタイミングと関係している要因は?
魚が良く釣れるタイミング「時合(じあい)」とは?それまで全く釣れなかったのにいきなり釣れるようになり入れ食い!ってことがあります。そんなタイミングでは、何かしらの要因が働いています。魚の活性が高くなる要因とは何なのでしょう?

「時合い=魚の捕食スイッチON」です。

大型魚ほど、この捕食スイッチがハッキリしています。

大型魚の回遊を確認する4つのヒント!?
数本の竿を出して狙う大物投げ釣り、ぶっこみ釣りは、仕掛けを投入して大物の回遊を待ちます。その回遊ルートが分かれば、ポイント攻略にもなりますし、釣果も安定してきます。その回遊ルートを探すためのヒントやコツをいくつか書いてみました。

 

☑状況が逆転した時にチャンスが来る!?

まずは、釣り場の状況を把握することが大事になると思いますが、考え方はいたって簡単です。

この考え方を大きくとらえると、2つになります。

①大きく潮が動くときは、

大きく動いていた潮が、緩んだり止まったりするタイミング。

②潮がほとんど動かないときは

ほとんど動かない潮が、動きだしたり変化があるタイミング。

 

 

これは、確認したことがないので断言はできませんが、

おそらく、

普段から潮が動く地域では、動きが緩くなるタイミング

反対に、

普段から潮があまり動かない地域では、動きだしたり変化があるタイミング

と、当てはめることができるハズです!

これはある意味、釣り場の「クセ」みたいなイメージです。

 

通常の状態から、状況が変わったときにチャンスが訪れます!

 

釣りブログから調べる【リアルタイムな釣果情報】が役に立つ!?
地域や釣り場を熟知していれば、釣果は安定してくるものだと思いますが、一番効果が高いのはやはり「リアルタイムな釣果情報」です。 地元の釣具屋さんでも釣果情報が発信されていますが、釣果をアップしてくれている個人ブログは、「いつ」「どこで」「何が釣れた」という貴重な情報が掲載されています。

 

☑釣行前は、普段の釣り場状況を把握する

まずは、釣行予定の釣り場を良く把握することが大切になってきますね。

普段はどんな状況の釣り場なのか?当日はどんな状態なのか?などを調べて、状況が逆転した時に集中してみてください。

ポイントと時期が間違っていなければ、そんなタイミングで竿先が反応すると思いますよ。

 

私見ですが・・・「大真鯛」釣るための3つの考え(投げ釣り・ぶっこみ釣り)
大きな魚を狙っているとやはり記録的サイズを狙うのは当然のことですが、個人的な目標として、真鯛に関しては無謀にも10キロを目標としています。今現在は、数を釣ることで大型の確率を上げている状況です。釣れた魚の中に大型が混ざる感覚なのですが、これって半分が運の世界なので、大真鯛に対する個人的な考えを少し話したいと思います。
【釣果】真鯛の投げ釣り(ぶっこみ釣り)を公開!たまにはね・・・
5月の後半から、「ぶっこみ釣りの釣果を記事にしてくれませんか?」という声が多く寄せられてます・・・ 釣果アップをするということは、釣行して、釣れた魚の画像を撮って、記事を書いて・・・と、まぁけっこうな大変なんです・・・正直話! 春の乗っ込みシーズンは期間が限られているということもあって、個人的に立てた目標達成
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, 釣果アップ