ロッド・リール 釣り雑談

高く感じるロッドも「製造工程」を知ったら安く感じるから不思議






LINEで送る
Pocket

モノづくりの過程を目の当たりにすると、大抵のものは安く感じる!

ロッド(竿)の製造は、まさにコレに当てはまります。

多くの人は、「大型工場の自動化された生産ラインで製造されている!」と、思っているのではないでしょうか?

 

実はそうではなく、ほとんどが手作業で生産されているんです!

 

ロッド(竿)の製造工程を知ってしまうと、きっと考えが変わるハズ。

カタログで眺めていたロッドも、ポチっと購入してしまうかもしれません・・・

この時点でキケンを感じる人は、見ない方が良いかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

 

ロッド(竿)の製造工程

今回は、メジャークラフトさんのベトナム工場での製造工程を説明していきます。

☑プリプレグ(カーボンシート)の裁断

 

☑裁断したカーボンシートを金型(鉄芯)に巻き付ける

 

☑カーボンテープを巻き付ける「クロスフォース製法」 テープで締め込み

 

☑窯入れ工程

 

☑研磨工程

 

☑シゴキ塗装

 

工程を流れで確認したい人は、↓動画↓をチェック

 

☑ロゴマーク貼り付け

 

☑糸巻き&ガイド取付作業

 

☑エポキシコーティング作業

 

☑乾燥工程

 

☑リールシートの塗装

 

☑グリップパーツの取付作業

 

☑最終検査(検品)

 

☑梱包・輸送

 

 

 

これらの工程を踏まえた上で、作業風景を動画で確認してみてください!

メジャークラフトさんのベトナム工場へ潜入動画!

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-ロッド・リール, 釣り雑談