ぶっこみ釣りで真鯛を狙ってみよう!なぜこの釣りの魅力にハマるのか?

この記事は約5分で読めます。

誰でも知っているあの「真鯛」を、ぶっこみ釣り(投げ釣り)で釣ることができます。

ぶっこみ釣りなので、もちろん船ではなく陸から!

しかも、

80センチを超えるような大型の真鯛も釣り上げることが可能!

と聞いたら・・・気になりません?

 

ということで、

今回は「ぶっこみ釣り(投げ釣り)」で狙う真鯛釣りの魅力を紹介します!

「そんな釣りがあるのー?」と興味を持っていただけたら、ぜひ読んでみてください。

 

※記事の最後に、真鯛狙いのタックルやエサ、参考になるリンクを用意してあります。

スポンサーリンク

ぶっこみ釣りってどんな釣り?

まずは、ぶっこみ釣りの説明をしておきます。

※「そんなの知ってるよー」って人は、スルーしてください。

図にはシモリ玉を通してありますが、基本は「オモリ」と「釣り針」だけ・・・

と、めちゃくちゃシンプルな仕掛けです!

釣り針にエサを付けて海に向かってビューっと投げ入れ、あとは魚がエサに喰いつくまで待つ!

待っている間は竿を手持ちで!とかじゃなく、道糸のたるみを取って三脚に掛けて待ちますよ。

こんな感じで・・・・

 

サーフであれば、こんな感じで(コチラはサーフ専用スタンド)

 

アタリは竿先の揺れで確認するので、夜の釣行では竿先ライトを取り付けます。

暗闇の中で、竿先ライトが動くのもかなり面白い。

 

あとは、アタリがきたらタイミングを合わせて魚を取り込む。

っというのが、ぶっこみ釣りです。

 

真鯛のぶっこみ釣りの魅力って?

では、本題に行きましょうか。

真鯛のぶっこみ釣りの「魅力=面白さ」を紹介していきます。

陸から真鯛が狙える!

一般的には、「真鯛釣り」=「船釣り」をイメージする人が多いと思いますが、船ではなく陸から、船酔いする人でも誰でも真鯛を狙うことができますね。

真鯛が回遊してくる釣り場であれば、「港内」「堤防」「磯」「サーフ」など場所を問わず真鯛を狙うことができます。

陸から真鯛を水揚げ・・・とか、面白いでしょ。

 

大型の真鯛が狙える!

真鯛は大型の魚で、最大で120センチに成長すると言われています。

個人的に知る限りでも、90センチを超える大物がこのぶっこみ釣り(投げ釣り)で釣り上げられていて、とくに「乗っ込み」と呼ばれるシーズンは、産卵のため大型の真鯛が接岸するのでチャンスです。

陸から大型の真鯛を狙うことができる・・・夢がありますね。

乗っ込み【真鯛】時期はいつ?春の産卵行動と水温変化を理解しよう!
産卵を目前としたマダイは大型のものが多く、一年で最も大型の記録が出やすい時期(シーズン)です。船で真鯛が釣れ始め、遅れて投げ釣り(ぶっこみ釣り)でも狙うことができるようになります。これは水温と真鯛の産卵行動が関係しています。水温別に真鯛の想定される行動を紹介します。

 

竿先の大きなアタリに興奮する!

冒頭でも言いましたが、

置き竿(竿を掛けてアタリを待つ)スタイルでは、竿先の揺れでアタリをとります。

大物ほどアタリが大きいことが多く、沈黙の中でいきなり竿先が大きく動き出すと、テンションが上がりますね。

これも真鯛狙いの魅力のひとつです!

 

ドラグの逆転音がヤバすぎる!

ぶっこみ釣り(投げ釣り)で大型の魚を狙うと、大きなアタリで竿ごと海中に引きずり込まれることがあります。

これを防止するひとつの方法として、「ドラグフリー釣法」があります。

ドラグフリー釣法とは、リールのスプールが逆転してライン(道糸)を出してくれる機能のことです。

竿立てに掛けて置き竿で狙う投げ釣り(ぶっこみ釣り)において、大きなアタリやいきなり走るようなアタリがあったときに、スプールが逆転してトラブルを回避してくれます。

投げ釣り【ドラグフリー釣法】で、注意して欲しい5つのこと!?
ドラグフリー釣法とは、リールのスプールが逆転してライン(道糸)を出してくれる機能のことです。 竿立てに掛けて置き竿で狙う投げ釣り(ぶっこみ釣り)において、大きなアタリやいきなり走るようなアタリがあったときに、スプールが逆転してトラブルを回避してくれます。どんなトラブルがあるの?ってところを書きます。

真鯛はエサに喰いつくと反転し走り出す習性がありますから、前アタリの直後に走り出しドラグ音が鳴り響きます。

これを一度体験すると・・・・ハマらないわけがないと思うのですが。

 

真鯛は引きも楽しめる!

大型になれば引きが強い!

というのは当たり前なのですが、他の魚と比べても引きはかなり強いです。

 

実際、真鯛狙いのタックルで色々な魚を釣ってきてそう感じますし、なにより真鯛を初めて釣ったシーバスアングラーが、

「同サイズのシーバスよりも、あきらかに引きが強い」

と言い切ったので、引きも十分楽しめる魚です。

 

食べて美味しい!

おまけ!みたいなものですが、真鯛は食べても美味しい・・とくに乗っ込みマダイがおすすめです。

「お刺身」や「昆布締め」、「炙り」「カルパッチョ」「鯛しゃぶ」「鯛茶漬け」「鯛めし」「煮付」「かぶと煮」「焼魚」「潮汁」「酒蒸し」「漬け丼」など、調理方法が多く飽きずに食べることができるのも魅力ですね!

 

まとめ

真鯛狙いのぶっこみ釣り(投げ釣り)の魅力(面白さ)を、個人的な意見を含めて(ほぼ独断であるが・・・)紹介しました。

興味を持ってくれた人は、真鯛狙いのタックルやエサ、参考になるリンクを用意しておきますのでご覧になってください。

また、「実際にはこんな釣りですよ!」と分かりやすい動画を見つけたので、良かったらそちらもご覧になってください。

 

投げ釣り【真鯛】狙いおすすめ仕掛けとタックル!釣果を伸ばすために
投げ釣り真鯛(マダイ)で使用する基本的なタックル(仕掛け)紹介です。竿(ロッド)、リール(ドラグフリー)、道糸(ナイロンライン、PEライン)、力糸(テーパーライン)、天秤(誘導式海草)、オモリ、ハリス(フロロカーボン)、針(丸セイゴ)、仕掛け図あり
乗っ込み【真鯛】時期はいつ?春の産卵行動と水温変化を理解しよう!
産卵を目前としたマダイは大型のものが多く、一年で最も大型の記録が出やすい時期(シーズン)です。船で真鯛が釣れ始め、遅れて投げ釣り(ぶっこみ釣り)でも狙うことができるようになります。これは水温と真鯛の産卵行動が関係しています。水温別に真鯛の想定される行動を紹介します。
【釣果】真鯛の投げ釣り(ぶっこみ釣り)を公開!たまにはね・・・
5月の後半から、「ぶっこみ釣りの釣果を記事にしてくれませんか?」という声が多く寄せられてます・・・ 釣果アップをするということは、釣行して、釣れた魚の画像を撮って、記事を書いて・・・と、まぁけっこうな大変なんです・・・正直話! 春の乗っ込みシーズンは期間が限られているということもあって、個人的に立てた目標達成
投げ釣り「真鯛」が釣れる餌は何??おすすめ10選を紹介
投げ釣りやぶっこみ釣りで狙う魚の王様「真鯛」釣りに、適した釣り餌は何か? ってことで、エサを一覧でまとめてみました。地域により効き目が違うとは思いますが、参考にしてみてください。タイムシ・マムシ(岩虫・岩イソメ・本虫)・ユムシ・イワガニ・チロリ(砂虫、オサムシ)赤イソメ・海老・ボケ・ホタルイカ・ヒイカ(釣り餌

 

海釣り簡単仕掛け!高級魚マダイを狙う!魅惑のブッコミ釣り!!

海釣り 簡単仕掛け!!高級魚マダイを狙う!魅惑のブッコミ釣り!!

 

釣り情報満載のランキングサイト

↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました