アイスが溶けない【保冷力】ロゴスの保冷剤がamazonでバカ売れ

スポンサーリンク

スポーツ・観戦・アウトドア・釣りなど、暑い季節に活躍するアイテムと言えば【保冷剤】

以前から、そして今もAmazonの「保冷剤」売れ筋ランキングでずーっと上位を独占しているロゴスの保冷剤が売れてます!

売れている理由はなんと言っても、アイスクリームや冷凍食品が溶けずに運べる保冷力!

 

 

スポンサーリンク

ロゴス 氷点下パックGT-16℃・ハード(日本製)

☑-16℃の表面温度を長時間持続(保冷能力約8倍)

一般的な保冷剤と比べて、保冷能力が約8倍(表面温度は-16℃)もの驚異的な保冷能力があります。

①表面温度が-16℃

②保冷能力は、一般保冷剤に比べて約8倍

③魚も凍るほどの強力保冷剤

④通常の保冷剤と併用することで、長時間の保冷が可能

⑤冷蔵庫に常備することで、災害時(停電時)でも庫内を保冷

 

一般的な保冷剤は、冷凍庫から出した時点から溶け始めますが、この製品は驚異の保冷力を持続して生の魚を凍らせることができるのは驚きです。

また、冷蔵庫に常備することで、災害発生時(停電)に冷凍庫内を保冷して庫内の温度を保ちます。

amazon 製品Q&Aから

質問

シマノのスペーザ ホエール ベイシス 600という大型クーラーを購入しました。

釣りの際に海水をいれて魚を冷やしたいのですが、この氷点下パックXLで海水をキンキンに冷やすには何個必要か分かりますか?

回答

使う時期と中に入れる海水の量にもよります。最低6つは必要ですね。

自分は半分の30リットルで4枚常時使用します。

冬場問題ないですが、夏は夕方には追加が必要になります。

あと海水に入れた場合、パックの周りがシャーベット状に凍り、魚まで凍ってしまいますので注意が必要です。

 

 

☑氷点下パックの使用方法

①製品を購入するにあたっての目安は、12リットルのクーラーボックスで「氷点下パックGT-16℃ハード(900g)」を1個。

※ただし、季節やクーラーボックスの性能、使い方によって異なりますので、余裕を持って購入してください。

②すでにお持ちの保冷剤があれば、併用することで長時間の使用が可能となりますのでオススメです。

③十分な性能を発揮させるため、完全に凍らせてから使用することをオススメします。

※完全な氷結体になるには36~48時間が必要

 

氷点下パックの欠点でもある冷凍時間を従来の半分で済む「氷点下パック 倍速凍結」もあります。

※氷結体になるまで18~24時間

 

LOGOS「氷点下パックシリーズ」

 

氷点下パックと併用で「驚異の保冷力」アイスを最大13時間保存

ハイパー氷点下クーラー

ロゴスの「ハイパー氷点下クーラー」は、氷点下パック(保冷剤)がジャストフィットするのでコチラもオススメしておきます。

暑い季節に飲み物を冷やして持ち運べて、中身が無くなったらコンパクトに収納できる点は非常に便利です。

一応、メーカー説明を載せておきます。

●氷点下パックとなら、なんと!アイスクリームを最大13時間保存できます
 ※当社実験データによる

●350ml缶が16本もしくはペットボトル500mlが12本と、氷点下パックが入る容量です

●保冷力が更に向上したハイパークーラー。更に冷たく冷やします!

●氷点下パック専用クーラー!もちろん一般保冷剤も使用できます

●収納は超薄型コンパクト

●外部の衝撃から瓶類を守るシェルプロテクト構造

●表面は太陽光を反射するメタルシルバーカラー

 

断トツで冷える「保冷剤ハード強力タイプ」長時間OKコスパ最強!
スポーツ観戦・アウトドア・キャンプ・バーベキュー・釣りなど、夏の暑い季節の野外活動で必需品となるのが「クーラーボックス」ドリンク(飲み物)や食材、釣れた魚などを冷やすために氷や保冷剤が必要になります。高性能の最強保冷剤というと価格もそれなり・・・やっぱりコスパも考えたい・・・そんな人におすすめの保冷剤を紹介

 

釣り情報満載のブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました