つぶやき マダイ

真鯛【投げ釣り】釣りたいなら、遠投より大切なポイントがある?






LINEで送る
Pocket

これを話してしまうと、投げ釣りのタブーかもしれない・・・けどって話です。

そもそも投げ釣りは、遠くの魚をターゲットにした釣りスタイルです。

他の釣りでは、狙うことのできない遠くのターゲットを仕留める!強みがありますね。

でも、その強みは、

その場の状況に対応するひとつの手段!

ってことを言いたいです。

 

単純な話・・・

ガイドを大きくして数を減らし、糸を極限まで細くして抵抗を小さくすれば、更なる遠投が可能になり沖の魚のところまで仕掛けを届けることが可能です(ガイドもそうですが、道糸を細くしたら掛けた魚が獲れない・・・)

さらに極論を言えば、沖にいる魚のポイントまで船で行っちゃえば・・・・

と、いうと言い過ぎかもしれませんが、遠投を追求するといつか矛盾がでてきます(そもそもその釣り方以外で狙ったら?みたいに)

 

スポンサーリンク

 

投げ釣りは遠投スタイルの釣りだけど、目的は魚を釣ること

やっていることは釣りなので、目的は魚を釣ること。

ですが、「投げ釣り=遠投だ!」という人が多いのかな?と、個人的に感じます。

釣り場環境や状況により、遠投しなければいけないことは多々ありますが、大事なことはターゲットがいる場所です。

 

なので、最初に言った

遠投は、その場の状況に対応するひとつの手段!

と、考えるわけです。

 

過去に書いた遠投の記事から、この内容に触れるものがありましたから、ちょっと抜粋します。

シロギスは濁りや波の状況によって、遠く沖にいる場合もあれば、手前の30メートル付近にいるときもあり様々です。

キスの投げ釣りが上手な人は、遠投で200メートル以上飛ばしますが、遠投ができるからキスをたくさん釣ることができるのではなく、魚の居場所を知っている、もしくは魚を探すことができるから、たくさん釣ることができます。

【マダイ】釣果が伸びる?大物投げ釣り師は遠投を好む!3つの有利な理由
ノッコミシーズンの真鯛は、深場から産卵行動で浅場に回遊してくる魚を狙います。そういった場合は、遠投ができる投げ釣りや遠投カゴ釣りが非常に有利になります。投げマダイをする大物投げ師ほど、遠投タックルを揃え、遠投を好みます。その真意とは?ノッコミシーズンの真鯛は、深場から産卵行動で浅場に回遊してくる魚を狙います。そういった場合は、遠投ができる投げ釣りや遠投カゴ釣りが非常に有利になります。投げマダイをする大物投げ師ほど、遠投タックルを揃え、遠投を好みます。その真意とは?

この記事でも書いていますが、遠投は魚を釣る上で大切なひとつの手段ですが、

 

「遠投する=釣れる!」ということではありません。

 

☑高確率で仕留めてくる人に学ぶ

過去の記事の抜粋でも話したように、

釣果の良い人は「魚を探すこと!」あるいは「状況を把握すること!」が、とても上手です。

いや、早いと言った方が正解かもしれません。

 

ベテランの釣り人が、マイポイントを持っているのも、熟知している釣り場は効率よく魚を釣ることができるからですね。

これは、大物釣りでも例外ではありません。

裏を返せば、なにも情報のない釣り場では、上手な人とそうでない人に差はつきにくい!と、考えてます。

 

ですが、1枚釣り上げたあと、2枚目以降を釣り上げるのは、上手な人に軍配があがります。

これは「魚を探すこと!」「状況を把握すること!」が極めて重要ですが、ポイントを絞って釣果を上げた場合は、

「同じポイント」や「類似した条件」を狙えるからです!

 

それなら・・・真似をしちゃおうと!

こういうことを言うと、なにかズルいようにも聞こえますが、

上達の近道は、「上手な人のマネをすること」ですよね?

まーこれホントなので。(物覚えが早い人は、人の行動を良く見てますよねw)

 

☑同じポイントや類似した条件を狙う

上手な人は、「同じポイント」や「類似した条件」を狙えるから!

と言いましたが、これが簡単ではありません。

けっこう精度がいることです!

 

例えば、「同じポイント」ですが、この方角で、これくらいの距離で・・・・

では、ちょっと足りないかもしれません。

 

仕掛けを入れたときの「このかけ上がりを過ぎて、この感触のところ」というように、同じポイントに確実に入れることが重要です。

大物の期待が高まる夜の釣りでは、アタリのあった方角・距離が正確に把握しづらく、ここらへんが経験の差と言えそうですね。

 

釣果の良い人は、偶然釣れたのではなく狙って釣ります。

複数の竿をだしても、それぞれの仕掛けの方角、距離、海底の状況、アタリの出方などを把握しています。

本命のアタリや実際の釣果があれば、同じポイントへ!

その他の竿は、条件が似ているポイントへ投げ入れます。

 

「遠投してはいけない!」ということではありません。

が、力いっぱいキャストしてポイントが定まらないと、釣れる魚はいつもまぐれです!

遠投にこだわり過ぎず、魚のいるところへ正確に投げ入れるのが大切ではないでしょうか?

 

ということで、遠投ばかり意識しすぎると、目の前の魚を逃がしてしまいますよ!って独り言でした・・・

 

投げマダイは、まとめて釣果を叩き出すパターンを見つけるのが一番
投げ釣りで真鯛の釣果を伸ばしたい!伸びない(釣れない)で悩んでいる人がいると思います。真鯛をまとめて釣るにはちょっとしたコツがあります。手っ取り早い方法は、パターンを掴むこと。これが近道になります。いつでも釣れるような魚ではありませんから、チャンスタイムにちょっとした工夫をしましょう。

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-つぶやき, マダイ