【充電OK】BR425/BR435ピン型リチウム電池!数回使えば、タダになる?

スポンサーリンク

夜釣りの電気ウキや竿先ライト、フロートなどでお馴染みのリチウム電池「BR425/BR435」

サイズでも異なりますが、たぶん400円前後で売られているんじゃなかったかな・・・(まとめて買っているので正確な値段がわかりません汗)

あたりまえですが、このリチウム電池は使い捨て。

そういう時代なのか、使い捨てってなんかもったいない気がしますよね?

 

スポンサーリンク

BR425/435の充電式電池

で、今回紹介するのは、

充電式のBR425

・・・・充電式だとBRじゃない?CR?もしかしてリチウムでもないのかな?

USB端子の充電器にはふたつ穴が開いていて、2本同時に充電ができそう!

・・・できそう???って、まだ充電していないので半信半疑。

 

下の画像を見てもらうと分かると思いますが、こんな感じで2本差しができます。

バッテリーをソケットに差し込むと、やっぱり充電できそう。

 

さっきから、充電できそうとか、半信半疑とか、あやしそうなことを言ってるけど、コレってあちら製なんですよね。

充電できる釣り用のリチウム電池があるの知らなかったので、とりあえず買ってしまった!というわけです。

だって、上の画像をよく見ると、差し込んだ電池・・・・曲がってません?

 

とりあえず、使ってみた

最初から充電されているかは不明でしたが、とりあえず手持ちの竿先ライトに装着。

ハピソン YF-8803 竿先ライト

※YF-8803は、BR435仕様、電圧は同じ3Vなので使用には問題なし

 

フツーに発光している・・・

とりあえず使えそうなので、あとはちゃんと充電ができるか?が重要なので、電池残量をカラにする意味でそのまま放置。

 

6時間後・・・

 

本来ならここで6時間後の画像を貼りつけるハズですが、忘れてしまいました。

【結論】少し光は弱くなっている感じもしましたが、発光してました。

満充電だとしても、6時間程度は問題なさそうです。

 

とりあえず、充電してみた

さらにそのまま放置。

完全に電池が無くなってから、充電してみました。

コンセントに差し込むアダプター?なら充電時間は短いハズですが、今回はPCのUSBで充電開始。

USBに差し込むと、それぞれに充電中の赤色が点灯。

電池残量が違っていても、終わった方から緑色に点灯して充電完了を知らせてくれる!

と、思ったら、

 

6時間後・・・・

 

両方とも青色が点灯していた。

途中で確認していないので、どれくらいで充電が完了したのかは分かりませんが、充電が終わったっぽいので、もう一度竿先ライトで点灯確認。

 

今回は、実践に近い感じを撮影しようと思い、暗闇で!

まだ、実際の釣行では使用してませんが、充電もできて問題なく使えそうです。

製品パッケージには600回くらい充電ができるって書いてありましたけど、100回使えれば十分じゃないですかね?

 

ちなみに、

今回、2本同時に充電できるタイプをamazonで購入しましたが、市販のリチウム電池の約3本分の価格でした。

えーっと、あちら製です。

 

おすすめ!竿先(穂先)ライト「明るさ」比較!電池式がコスパ高いよ
夜の投げ釣りやぶっこみ釣りでは、魚のアタリを見るために竿先(穂先)ライトが必須アイテムになります。定番のぎょぎょライト(ワンタッチ・LED)、防水機能付きのHapyson(ハピソン)竿先ライト、プクピカセンサー、リンピカセンサー、100均の商品で自作(動画)も含めた内容です。明るさの比較検証ありです
おすすめ竿先ライト【ハピソン】色々使ってみたけどコレ使いやすい!
ハピソンの穂先ライトがおすすめ。繰り返し使うのならバッテリータイプ。Hapyson(ハピソン)YF-8803(竿先ライト)は 雨にも負けない防水仕様です。複数の竿を出してもアタリがすぐわかる3色展開。寒さに強いリチウム電池仕様。市販のほぼ全ての投げ竿に取り付け可能。

 

スポンサーリンク
釣り道具
スポンサーリンク
赤波をフォローする
Red wave

ブログランキングに参加しています。

宜しければ、応援ワンクリお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました