マダイ 釣り雑談

【ぶっこみ釣り】竿先に「アタリ」が出にくいことは、悪いこと!?

2018/01/25






LINEで送る
Pocket

 

一回の釣行で数回訪れる魚のアタリ。その中で穂先を激しく叩く大物のアタリは、何度見てもドキドキさせてくれます。

そして、ドラグの逆転音と同時に勢い良く引き出されていくラインは、

投げ真鯛のひとつの魅力

 
386206

 

 

実際に釣りをしていると、アタリも無いのにエサだけが無くなっている!!

どうにかならないものか??と思うところですが・・・

スポンサーリンク

穂先に出るアタリは、何らかの影響で道糸が引かれ現れます。

 

☑エサに食い付く以外の理由

ごくまれに、穂先に一回だけ大きなアタリがでて止まってしまう空アタリ(泳いでいる魚が糸に触れて穂先に出るアタリ)を除くと、風や波・うねり、潮の流れ、海面に浮遊する海草やゴミが絡むなどの複合したものです。

小さなアタリですとこれに紛れて極めて判断がし辛く、そのほとんどは見逃してしまいます。

 

☑エサに食い付いているのにアタリが出ない理由

これに関しては色々な理由がありますが、一番の理由はハリスにたるみがあること。

ハリスは一直線に伸び、それ以上引っ張られることによって道糸に作用します。

 

多くの方がエサは海底に這わせて置いているイメージだと思いますが、実際は潮流などにより絶えずユラユラと動いています。

この時に糸のたるみができてしまいます。

ハリスが長ければ長いほど、このたるみは大きくなり、アタリが出にくい状況になります。

反対にハリスを短くすることで、アタリを多く確認できます。

 

試しにハリスを50センチ以下で釣りをしたことがありますが、大きなアタリが止まってしまうことがあり、僕は食い込みが悪いと感じました。

天秤がエサと近すぎ、驚かせることが原因ではないかと思います。

 

☑アタリが出にくいことは悪いこと?

穂先にアタリは出るが、違和感を感じてアタリが止まってしまっては元も子もありません。

穂先にアタリが出ないということは、魚もテンションを感じていないことになります。

 

実は、食い込みとしては一番良い状態です。

 

違和感が無く針が完全に口の中に入ってから、初めて穂先に大きなアタリが出ることが理想と考えています。

 

釣りをしているとエサ持ちが悪く、どうしてもエサ取りのアタリを取りたい時もあります。

そんな時は、定期的に仕掛けをさばきましょう。

やり方としては、リールを巻いて道糸を張り、竿をゆっくり立てて仕掛けを引きずり、道糸とハリスを一直線にするイメージです。

ハリスのたわみがなくなりアタリが出やすくなりますし、置き竿にしていると潮流や風などで道糸自体がたわんできますので非常に効果的です!

 

こんなことも?

 
 
 
386242

 

 

僕が釣り上げた魚の中で、恐らく3割近くはドラグ音が鳴っていません。

ドラグ音が鳴らないどころか、穂先のアタリすらないのに釣れてしまう事があります!

 

仕掛け回収時にリールを巻き始めたら、グングン引いていた!

理由としては、居食い(エサを食べて動かない状態)していたか、巻き始めと同時に食い付いた、若しくは巻いたことでエサが動き反射的に食い付いたことが考えられます。

この場合の注意点は、想定外のことで合わせが不十分になり魚を逃がしてしまうことです。

 

まれにしかありませんが、慌てないようにすることが大事です。

タイミングを見計らって、しっかり合わせを入れると良いです。

また、仕掛け回収時は空合わせ(アタリが無いが一応合わせを入れてみること)を行うか、回収前に聞き合わせをすることで対応できます。

 

 

穂先の動きが怪しい場合は・・・

また、波っ気がある時や風が強い時などアタリが分かりにくい場合があります。

そんな時は、竿を手持ちにして少し聞いてみてください

何もなければそのまま竿を戻せば良いですし、魚であれば食込むのを待って合わせましょう。

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, 釣り雑談
-, ,