仕掛け 釣果アップ

【遊動式天秤】効果的に使用するための3つの注意点は!?

2017/06/27






LINEで送る
Pocket

前アタリ後またはいきなりドラグが逆転し、ラインが引き出されていく大物投げ釣り(ぶっこみ釣り)において、遊動式天秤は切っても切れないアイテム。

その遊動式天秤の特性をスムーズに発揮するためにはいくつか留意点があります

当たり前に知っている方もされている方もいらっしゃると思いますが、意外におろそかにしているところが見受けられます。

※ただ、釣れる時はこんなこと気にしなくても釣れます(笑)が、アタリが止まったりなかなか結果が出ない時に悩んでしまいますので、そんなときはこんなこともあるんだな~程度に読んでください。

 

スポンサーリンク

通常の投げ釣りですと、穂先が揺れてアタリを知らせてくれます。

夜間であれば竿先ライトが活躍してくれますね。

大物投げ釣り(ぶっこみ釣り)では、穂先に大きなアタリが出たとき、一気に竿先が引き込まれます

この時にリールのドラグを締めていると、竿が吹っ飛んで海中に消えていったり竿立てごと引きずられたりと、せっかくの魚も大切なタックルも失ってしまいます・・・

そこで主流になっているのがドラグフリー釣法

クイックドラグツインドラグといった機能が備わった専用リールで、単純に締めているドラグを簡単に開放できる構造になっています。

それにより魚が強く道糸を引いた時に、ドラグが逆転して道糸を送ることにより竿が飛ばされたりするトラブルを回避できます。

同時にジィーーーーっとドラグの逆転音が鳴りますので、大物釣りの醍醐味にもなっています。

【投げ釣りリール】おすすめ「大物釣り」に対応したモデル8選
大物のアタリに対しスプールが逆転して糸を送り出すことで、竿を海に持っていかれるトラブルに対応し、さらには糸を送ることで違和感を減らし「ドラグフリー釣法」に対応したQD(クイックドラグ)やツインドラグ(瞬間起動ツインドラグ)仕様で、大型の真鯛まで狙える性能をクリアした8モデルを比較。

 

遊動式天秤

そのドラグフリー釣法にマッチした仕掛けが、遊動式天秤。

海中で天秤はそのままで、道糸だけ送ることができますので魚に違和感を与えることが少なく食い込みが良くなります

この特性を十分に引き出し、トラブルなく大物をキャッチしましょう。

 

遊動天秤は二つのアームがありますが、それぞれに糸を通す穴(アイ又はカンと呼ばれる輪っか)があります。

片方は小さく、もう片方は大きい穴があります。

小さい方に道糸(力糸)を通しスイベル(ヨリモドシ)を結びます。

その先にハリスを結び、魚に引かれると道糸が送られスイベルが大きい穴を通り引き出されていく仕組みになっています。

 

 

留意点

☑スイベルの引っ掛かり

サルカンが大きい穴を通る際、スイベルや結び目がまれに引っ掛かることがあります。

まれと書きましたが、道糸に対して真っ直ぐ引かれることの方が少ないはずで、斜めや直角、ときには反対方向に引かれていると考えられます。

となると、実際はかなり引っ掛かりが発生しているはず・・・

 

それを解消する方法として一番良いのは、結び目を伸縮チューブで処理した砂ズリを使用することです!

これでほぼ解消されます。

 

 

他には、引っ掛かりの原因であるスイベル(サルカン)のサイズダウン。

結び目のあまりを多く出さないことでも、それなりに解消することができます。

コチラは簡単にできますから、一度確認してみることをお勧めします。

 

完全な遊動式が良いよ!って人には、L型の天秤よりも飛距離は落ちますが、ガルツの石鯛用天秤もおすすめです。

【石鯛天秤パイプ】根掛かりが少ない全遊動式!って試す価値あり
石鯛釣りに使用されるパイプ天秤。大物投げ釣りにとても使えます。本来は、岩礁帯にいる石鯛用の天秤。根掛かりもしにくく、全遊動式です。おまけにオモリも交換できる脱着式!メリットが多いオススメのパイプ天秤を紹介します。GARTZ(ガルツ)の「石鯛天秤パイプ」は試す価値ありです。

 

☑竿立てに置く角度

置き竿時の竿の角度は、風や波の状況、前面の障害物への糸当りが無いか?などで決まりますが、障害がない通常は竿先をやや低めに設置した方がよりスムーズにラインを送れます。

近年ヨーロピアンスタイルが定着したカープフィッシング(鯉釣り)では、竿は水平にセットして待ちますが、エサ取りの多い海釣りでは小さなアタリが分からなくなってしまいますので、同じとはいきません。

反対に竿先を高く構えると、ラインがスムーズに出ないことはもちろん大きなアタリや突然の引き込みの際に竿が倒れるなどのトラブルが起きやすくあまりお勧めしません。

 

 

☑置き竿の時のラインの干渉

竿受けに竿を掛けた時に、ロッドと竿受けの間に道糸が挟まれている場合があります(これ意外と盲点です)

この状態ではスムーズにラインが送れないことと、そのまま一気に引かれるとラインに摩擦熱が発生してラインブレイクの原因にもなります。

竿を竿立てに置いたとき、リールのドラグをフリーにして道糸を送り出してみると確認できます。

竿の角度など制限があり干渉する場合は、道糸を竿受けガイドの下側にずらして置くと解消することができます。

 

集魚【オモリ】発光させて魚にアピール!いろいろな釣りで釣果アップ(ケミホタルシンカー)
魚を寄せることができる集魚灯。アジ釣りでは良く見かけるようになりましたが、そこまで高価でなくても同じような効果を持つアイテムがあります。ケミホタルシンカー!発光して魚にアピール。釣果アップに繋がります。投げ釣りでは天秤のオモリとして使用するだけで即夜光・発光効果を発揮。応用次第で色々な釣りに、おすすめです!

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-仕掛け, 釣果アップ