釣り雑談

【釣れても触るな】キケンな「毒魚」これだけは確認しておきましょう。

2017/10/08






LINEで送る
Pocket

投げ釣りの置き竿スタイルで釣りをしていると、色々な魚が釣れます。気軽に堤防釣り~なんて言っても毒を持つ危険な魚が釣れることがありますので、注意が必要です!

危険な魚を知らずに触ってしまうと、せっかくの釣行が台無しになんてこともありますので、覚えておくとよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

毒を持っている魚・・・っで思いつくのがフグ

これは知らない人はほとんどいないと思いますが、触る分には全然平気です。

しいて言えば、ハリスをちぎるほど歯が丈夫なので針外しの際は気を付けてくださいってくらいのものです。

 

386228

 

基本的には、知らない魚を素手で触らない事!

周囲に詳しい人がいる場合は、まずは確認。毒魚ならば、ハリスを切って海へ

フィッシュホルダーやフィッシュグリップなど魚を素手で触らなくても良い道具がありますので、用意しておくと安心です。

 

 

危険な魚

 

アカエイ

ぶっこみ釣り、投げ釣りの大物を狙っていると掛かってくるアカエイ。

引きは強烈で、なかなかのファイターなんですが、大物釣り師のなかでは厄介者。

というのも、尾に大きな鋭い毒針が付いていて、刺されると最悪アナフィラキシーショックにより死に至る場合があります。

間違って掛かってしまったら、ハリスを切って海に戻しましょう。

 

 

ウミケムシ

イソメなどのゴカイ類をエサに釣りをしていると、良く釣れてきます。

見るからに危険なので無防備に触る人はいないと思いますが、毛に毒があります。

僕自身、針を外そうとして刺されたことがありましたが、チクチクと痛みます。

毒としては弱いのですが、皮膚に刺さった毛がなかなか抜けないのでこれまた厄介です。

ガムテープなどを使って剥がすと比較的簡単に取り除くことができます。

 

 

アイゴ

港内や堤防などでオキアミや虫エサで主にエサ取りとして、小型のものが釣れることがあります。

背ビレと尻ビレの棘に強い毒を持ち、刺されると激しく痛みます。

小型のものでも毒性は変わりませんので注意が必要です。

 

 

ゴンズイ

夜行性で夜になると良く釣れる魚で、群れに当たると大量に釣れるという事もあります。

背ビレと胸ビレに強い毒を持っています。うっかり素手で触ってしまうと激しく痛み、重症になると刺された患部が壊死することがあります。

死んだ後も毒は残るので、堤防の上などに置いておくと子供などが触ってしまうなどのトラブルが起きてしまうので、海に戻しましょう。

 

 

ハオコゼ

10センチ程度の小さな魚で、岩場や藻場などで釣れます。

釣れる場所や見た目が似ていることからカサゴと間違えて触ってします人が多いようです。

刺されると痛みが数時間続きます。

 

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-釣り雑談