クロダイ(ちぬ) マダイ 釣果アップ

数少ない時合いを感じた時に、誘いを掛けて攻めに転じるのもひとつの方法

2018/02/17






LINEで送る
Pocket

 

潮回りや時間帯で様々ですが、僕の感覚では2時間~3時間に1度、時合いが来ます。

面白いもので、それまでビクリともしなかった竿先にアタリがでてきます。

単純に魚の捕食スイッチが入るイメージです。

 

この時合いのときに、エサ取りにエサを取られてカラ針になっていたり、仕掛けが絡んでいると大切な魚を逃してしまいます。

投入後、間もないのであれば信じて待つことが賢明ですが、ある程度時間が経過してるのであれば新鮮なエサに交換することが良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

☑誘いを入れる

せっかくのチャンスですから、見つけてもらうのが得策。

そこで、効果的なのは誘いを入れる方法です。

僕は頻繁に誘いを入れる方ではないですが、誘いを入れた直後にアタリが出たときや、誘っている最中にあたったことが何度もあります。

最中の件に関しては、居食いしていたことも考えられますが・・・

 

386244

☑誘い方

一概にこれ!と言えないので難しいですが、餌がフワッと動く程度動かすことや根を越えるイメージでポンっと仕掛けが跳ねるイメージで行うのが良いと思います。

 

気を付けなければならないのが、根掛かりがしない釣り場ということです!

根掛かりしては元も子もありません。

また、動かすと警戒するという考え方もあり頻繁に誘うのは逆効果になりますし、狙っている範囲から外れてしまいますので、その場合は回収して再び投げ入れます。

ナイロンを使っている僕は毎回感じることはできませんが、ボリュームのあるエサは誘ったときに多少の重さを感じます(波が高い日や風の強い日は難しいですが)

少し重たい場合は餌が付いている。

軽い場合は餌が無くなっていると判断しています。

感度の良いPEを使用している場合や同じ天秤を使い続けることで精度が上がってきます。

聞いたことはないですが、慣れている方は感じていると思います・・・たぶん

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-クロダイ(ちぬ), マダイ, 釣果アップ
-, , ,