投げ真鯛【釣行記】本命のアタリが3回あったのに、お土産が外道って

スポンサーリンク

知り合いの名人と、とある堤防に投げ真鯛釣行。

ひと通り準備も終わり、数回の打ち返しをしていると・・・

早速、名人の竿に絞り込まれるアタリが?

喰ってきたのは、70センチを超える良型?のスズキさん。

 

ここ最近、こやつが良く釣れるんですよねー。

でも、このサイズのスズキさんならお持ち帰りで良いんじゃないですか?

 

 

と思っていたら、フィッシュグリップにぶら下げて

「お土産、持って帰りなー」

・・・・スズキさんなら、昨日釣れたので冷蔵庫にたっぷりと残ってるから、僕はいらないかなぁ・・・

で、そこで釣りをしていたルアーマンに贈呈!

※めちゃくちゃ喜んでもらえたので、うれしくなって血抜きもサービス

 

気を取り直して、

本命のアタリを期待して待っていると。

 

竿先が、ゴン、ゴゴンとアタリ、竿に近づいていくと、

ジィィィィーーー

セオリー通りのアタリ、やっぱりこうでなくちゃ!

 

ドラグをロックして大きく合わせを入れると、グッと竿が止まるいつもの重量感。

引きを感じてないけど、たぶん真鯛!・・・フワッ

はい、魚の引きを味わう前に終了でございます。

 

合わせはしっかり入れたし、ラインも緩めてないんですけどね。

これ、意外とあるあるなんですよね。

「針を嚙んでいた(針が完全に口に入ってなかった)」ことや「歯の硬い部分に針先が当たっていた」ことが考えられますが、こんな場合は運が悪かったとあきらめるしかないです・・・

 

「この時合にもう一度喰ってこい!」と心の中で叫びながら、再び仕掛けを投入。

で、その15分後、エサ交換をしようと竿に近づくと

 

ギュイィィィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ン

 

まれにしか聞かないぐらいの「超、高回転のドラグ音」

時合が来るとパタパターっとアタリが出ます。

今度は抜けのないよう、しっかりと合わせ!

 

真鯛特有のコクンコクンという首を振り、直後に力強く突っ込もうとする。

さっきのバラシを帳消しにする大物ではなさそうですが、真鯛確定。

落ち着いてやり取りをしていると、全く引かなくなった???

 

軽くなったわけではないので、魚はついているのですが、グリグリと巻けちゃう。

しばらく巻いているとすると、グルングルンと回りながら赤い魚体が浮いてきた。

あまりにも無抵抗にスーッと浮いてきたので、そのままタモに収めようとすると、

ドバン、バシャバシャ!

このために体力を温存していたのか?

ってくらいに暴れ出したら、フワッ・・・

 

はい、本日2回目も終了です。

赤い魚体とエサが水中に消えていきました。

 

本命のアタリが2回もあったのに、1枚も水揚げできないという・・・なんとも情けない始末。

何年やっていても、ダメな日があるんですよね。

そうこうしてると、時合いが終了・・・・で、結局こういうオチです。

昔は釣れなかった魚ですが、ここ最近は真鯛、黒鯛(チヌ)の外道で釣れてくる「コショウダイ」

サイズは大したことないのですが、意外と美味しいのでお持ち帰り用にキープ!

 

その後はアタリも無くなり、エサも尽きたのでお片付けを開始。

ゴミをビニール袋に入れていると、

ガタン!

「おっ」

振り返ると、竿先ゴンゴンやってますわ!

 

ドラグを締めて走り出すのを、ジーっと待っていると。

 

ジーっと待っていると・・・

 

ジーっと待っている・・・・・・・

 

シーーーーーン・・・・・・

 

 

しゅーーーーーりょーーーーーです。

 

ちなみに名人は、しっかりと本命真鯛を水揚げ。

これも、あるあるです!

【釣果】真鯛の投げ釣り(ぶっこみ釣り)を公開!たまにはね・・・
5月の後半から、「ぶっこみ釣りの釣果を記事にしてくれませんか?」という声が多く寄せられてます・・・ 釣果アップをするということは、釣行して、釣れた魚の画像を撮って、記事を書いて・・・と、まぁけっこうな大変なんです・・・正直話! 春の乗っ込みシーズンは期間が限られているということもあって、個人的に立てた目標達成
私見ですが・・・「大真鯛」釣るための3つの考え(投げ釣り・ぶっこみ釣り)
大きな魚を狙っているとやはり記録的サイズを狙うのは当然のことですが、個人的な目標として、真鯛に関しては無謀にも10キロを目標としています。今現在は、数を釣ることで大型の確率を上げている状況です。釣れた魚の中に大型が混ざる感覚なのですが、これって半分が運の世界なので、大真鯛に対する個人的な考えを少し話したいと思います。

 

釣り情報満載のブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました