大物のアタリで竿が吹っ飛ぶ【ぶっこみ】高感度とかどーでもよくね?

スポンサーリンク

大物を狙ったぶっこみ釣りには、大きく分けて2つの待ちスタイルがあります。

ひとつが「ドラグフリー釣法」と呼ばれる道糸を送るスタイルです。

ドラグが逆転してジィィィーーーーーーーーーと鳴り響くやつですね。

「ドラグフリーとは?」という人がいましたら、コチラを読んでみてください。

 

そして、もうひとつが「ドラグロック(釣法)」と呼ばれる道糸を送らないスタイルです。

ドラグをロック(締めている)していると、大物のアタリで竿が吹っ飛んでしまいますから、尻手ロープで飛ばないようにしておきます。

 

このスタイルで釣りをするのは、釣り場の状況であったり、ターゲットだったりといくつか理由があるのですが、

正直・・・・これ(大物)やっちゃうと、軽量タックルとか高感度とか細かいことは、どーでも良くなるよね。

魚のアタリで竿が吹っ飛ぶとかなかなか見れないと思うので、ちょっとTwitterから引用します。

よんはちさん、お借りします。

このぶっ飛ばしが面白くてこの釣りをしている人もいますが、しっかりとしたメリットもあります。

詳細は、コチラの記事をチェックしてください。

大物投げ釣り「なぜドラグフリーでなくドラグロック?」使い分けとは
大物投げ釣りで耳にする「ドラグフリー釣法」とは、魚のアタリ(引き)に対してスプールが逆転して道糸を送るスタイルのことですが、逆にドラグを一切緩めずにドラグをフルロックするスタイル。「なんでドラグをロックするんですか?」「ドラグフリー」は大物を狙った置き竿では定番のスタイルなので「なんで?」と思う人も多いハズ。

尻手ロープ

 

 

スポンサーリンク
投げ釣り・ぶっこみ釣り
スポンサーリンク
赤波をフォローする
Red wave

ブログランキングに参加しています。

宜しければ、応援ワンクリお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました