竿先に大きなアタリ!一発で餌が?チャンスはあるので見切りも大切!

この記事は約2分で読めます。

去年まで良く行っていたサーフに行こうと準備をしていたら、釣り仲間の方から「網が入っているよ~」と情報が入り、慌ててサーフスタンドと三脚を入れ替えて、堤防に行くことに!

到着すると釣り場には誰もいない・・・貸切状態

色々と考えたが、ベタな先端に場所を決め外に2本、内に1本出すことに。

IMG_2161

雲の切れ目から太陽の光が差し込み、何かが降臨してくるかのような状況。

大物マダイであることを信じて、準備開始。

 

 

1本目の竿を用意して、潮通しの良いラインに仕掛けを投入、2本目は遠投し3本目は内側の足元にちょい投げ。

開始早々、ちょい投げの竿にアタリ!

ラインが出ることもなくビミョ~なアタリなのであげてみると、25センチ位のソイが釣れてました、即リリース。

 

・・・何もなく退屈な時間。

 

いつものことですが、暇なので携帯で釣果情報を見ていると

ジィ~~~~~ ・・・ ・・・・

ドラグを締めて手持ちに・・・・・・・ アタリが止まってしまった。

 

 

今のアタリがどうだとかではないですが、

真鯛などの大型の魚は、大きなアタリ一発でエサが取れてしまう場合があります。

小さな前アタリに気が付いていない!ということもありますが、ガツンと言ったっきり・・・ピタッと止まることって意外にあるんです。

 

で、たいていの場合、待っていてもアタリはでない。

餌が残っている場合もありますが、しばらく無反応であれば追い食いは望めないので、すぐに仕掛けを回収。

 

餌が残っていると「あらら、残ってた」とチャンスを潰した感覚にもなりますが、近くに本命がいればチャンスはまだあるので、エサを交換してアタリのあったポイントへ投入。

 

数分後、、、今さっき喰い損ねた本命が狙い通りに!

※と考えると、気持ちがいいでしょ。

IMG_2179

 

 

釣り情報満載のランキングサイト

↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 釣りブログへ

タイトルとURLをコピーしました