クロダイ(ちぬ) マダイ 釣り雑談 釣果アップ

真鯛・黒鯛【投げ釣り】捕食シーン(動画)からアワセのタイミングを考えてみる!

2018/01/25






LINEで送る
Pocket

過去に何度も真鯛とチヌ(黒鯛)とのアタリの違いを説明していますが、それぞれに特徴があります。

まずは次の記事を確認してください。それぞれの捕食の仕方が違うことが分かると思います!

チヌ(黒鯛)はその場であまり動かず捕食をしますが、真鯛は捕食した瞬間に反転したり泳ぎながら捕食をします。

 

チヌ(黒鯛)の捕食シーン

 

真鯛の捕食の捕食シーン

 

この明確な違いは、ぶっこみ釣り(投げ釣り)をしている時のアタリにもハッキリと出ます。

アタリの出方に関しては、記事(捕食シーン)を見て頂ければわかると思いますが、では合わせのタイミングはどうすれば良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

IMG_1918

 

チヌ(黒鯛)の場合

ハッキリ言って難しい瞬間があります。断続的にアタリ、竿先も入っては戻るを繰り返すので、過去にすっぽ抜けの経験があると躊躇してしまう事にも成りかねない。

そこで・・・ アタリが出たら、慌てずにドラグフリーの状態から締め込み通常のドラグにします。

この時すでに竿先が曲がってテンションが掛かっているのであれば、そのまま合わせを入れます。

竿先が戻ってアタリが止まっている場合は、竿立てに掛けたまま竿尻を上げ少しラインを送り込みます。

ここで再びアタリが出て竿先に重みを感じたら、合わせを入れます。 これでほぼ針掛かりします。

気を付けたいのが、竿先が曲がってテンションが掛かっている場合です。

ドラグを戻す際や竿を持ち上げる際にテンションが緩むことで僅かに刺さっていた針先が外れてしまいます!

テンションを緩めないようにしないといけません。

 

真鯛の場合

過去には小さなチャリコなどを釣り上げたことはありますが、ぶっこみ釣り(投げ釣り)では40センチ以下はあまり釣れません。

経験上でしかありませんが、このサイズ以上になるとドラグを逆転させラインが走ります(小さくてもラインが走るときはあります)

走った時にドラグを締めこみ、テンションが掛かると同時にアワセをいれると、まず間違いなく針掛かりします。

この一連の動作は素早くという事はなく、あくまでテンションが緩むことだけを気を付けていればあせる必要はないです。

 

慌てないこと!

 

いきなりジィ~~~~~~~っとドラグ音が鳴ると、どうしても興奮してしまって慌ててしまいますが、ここは落ち着いて対応することが大切です。

僕自身も「キタキター」なんて言いながら、竿を持ち上げながらドラグを締めこむ際にテンションがフッと緩み魚に逃げられたことが何回かあります。。。

40センチ後半の真鯛になればほとんどドラグ音を鳴らしながら走りますが、まれにアタルのになかなか走らないことやすぐに止まってしまうことがあります。

こういった時は、ドラグを締めこみそーっと竿を立て聞き合わせをすると走り出しますので合わせます。

どちらの時もテンション緩みはNGと書きましたが、鯛の口は堅く向こうアワセでは完全に針は掛かっていません。

餌を飲み込んでノドに掛かっているなら別ですが、通常は針先が口の中に掛かっている程度と考えてください。

ここでテンションを緩めてしまうと、簡単に針は外れてしまい折角のチャンスを逃してしまいますが、緩めなければ針先が外れることはないので、落ち着いて行動することが大事です!!って自分自身に言ってます(笑)

386201

 

追い合わせ

過去に90オーバー(妄想・・・)バラした苦い経験から、魚とのやり取りの最中は追い合わせをします。

もし追い合わせをするなら、寄せてきている時(無抵抗)に追い合わせをしましょう。

分かり易く言えば、魚の口がこちら側に向いている時です。一番効果的だと思っています。

反対に抵抗している時や走っている時は無理をせず、タメを効かせたりドラグを出して耐えるのが賢明だと思います。

 

最後に ドラグ音を聞くと興奮してしまいますが、あくまで落ち着いてが大切です。僕も気を付けています!

 

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-クロダイ(ちぬ), マダイ, 釣り雑談, 釣果アップ
-, , ,