釣り雑談

遠投する「投げ釣り」のあわせを、ちょっと考えてみた・・・

2018/02/16






LINEで送る
Pocket

 

image-567c9

竿先にアタリが出たのに止まってしまったり、合わせを入れたのにすっぽ抜けたり、取り込みのときに針が外れたり・・・せっかくのチャンスなのに色々と失敗はあります(汗)

アタリが止まるのと合わせ抜けは諦めがつきますが、掛けてからのバラシは後悔しかありません。

鯛の口は堅く針先の位置が悪いと合わせを入れても刺さりにくいんです。

 

合わせはしっかり入れましょう~~~ というのは???です!!

 

あくまで僕の考えなので参考程度に聞いてください。

 

スポンサーリンク

 

そもそも遠投をして置き竿で待っている間に、潮の流れで糸にたるみが出来ます

こんな時にアタリが出て合わせても糸はまっすぐになっていないので、竿を振り上げても緩んでいた状態から張り気味位にしかならず合わせとしてはそんなに効果はありません

 

僕が実践している効果的な方法は、竿先にアタリが出たら又はラインが走ったら、竿を持って巻きながらラインの方向に倒してラインと竿が一直線に近い状態にします。そこから合わせを行います。

これで竿の振り幅を取ってより効果のある合わせを行います。

この時点で重みがかかったのなら、竿を立てたまま後ずさりをしてさらにラインを張ります

以前に話をしたことのあるサーフでの大型魚の引き上げ方がヒントです。

 

波打ち際まできた魚が波打ち際で横たわり、竿を立てても揚がってきませんが。。。

竿を立てたまま後ずさりすることで容易に引きずりあげることが出来ます。

 

単純に竿を振り上げても竿の弾力に吸収されて力が伝わらず、竿を立ててラインを張ったまま後ずさりをする方がはるかに力が伝わるのがわかると思います。

これを合わせに応用しようと思ったわけです

僕はさらにやり取りの最中に追い合わせをします。

 

・・・たぶん逃がしたのが悔しくてトラウマになっているのだと思います(汗)

 

針掛かりしない?【PEライン】合わせが効かないワケ知ってる?
魚のアタリは取れるけど、フッキング(針掛かり)しない・・・そんな釣りの悩みを解決。その理由は、ラインにあります。PEラインを使った検証結果をみれば納得。その対策、合わせ方法、そしてコツを紹介。アワセが合わない・・タイミング以外の原因。シーバス(ルアーフィッシング)ではよくあることなので、気になる人はチェック。
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-釣り雑談
-, , , ,