クロダイ(ちぬ) マダイ 釣果アップ

視点を変えてぶっこみ(投げ釣り)のあわせ確率アップ!?

2018/01/25






LINEで送る
Pocket

 

 

あわせのタイミングは本当に難しい

 

 

IMG_2135

セオリーはあるとは思いますが、全てに通用しないから悩んでしまいます・・・ 例えば、竿先がバンバンと叩いてあたりに気付きドラグを締めて竿先が入る(竿先が曲がっていくこと)のを待っていたらアタリが止まってしまった・・・待てど待てど竿先はシーーーーン(^^;)

これを経験すると直後のアタリはバンバン位でアワセてしまいすっぽ抜ける・・・ また、反対にバンバンと叩いた時にあわせて合わず、次のアタリを大切にしすぎてアタリが止まってしまう・・・ ではどうすればよいのでしょう?

 

 

スポンサーリンク

 

 

オールマイティーなあわせがワカラナイから悩んでいます(-_-;)

というのも、餌の種類によってアタリのでかたが違い、当然のようにアワセのタイミングが違うからです。簡単に書きますと食い込みの良いエサは早合わせが正解に近いですし、反対に食い込みの悪いエサは構えた方が良い結果が出ると思います。

ただこれだけではありません!魚種によっても違います。その線引きが難しいですが、簡単な魚は何も考えなくても針掛かりしますが、警戒心の強い魚はそう簡単ではないんです。 こんなことを言っているとぶっこみ釣りって難しいなって思われそうですが、そうではないですよ(^_^)続きがあります。

 

ぶっこみ釣り(投げ釣り)をしていると、誰にでもあわせられるアタリがある!

これですね! それが、セオリー通りのアタリなんです。

 

 

チヌ(黒鯛)はバンバンと竿先を叩いては戻り、また叩いてを繰り返しながら竿先が徐々に入っていくのがセオリー。

真鯛の場合はバンバンと竿先を叩いた後、ドラグの逆転音をならしながら走っていくのがセオリー。

ただスズキも同様のアタリ方をします。 このセオリー通りのアタリが出た時は、初心者であっても落ち着いてアワセることが出来れば容易に掛けることができます。

 

 

その理由は???

 

 

 

向こうアワセが完了しているからです。

 

 

ケンシロウいわく「お前はもう掛かっている」ってところです(笑)

シーズン中の活性の高い魚の中には、針を飲まれてることが結構あります。割合にして2割くらいでしょうか?針を飲まれるなんて下手だな~と思う方もいらっしゃるでしょうが、警戒心の強い魚に違和感なく針を飲ませることが出来るのはぶっこみ釣りでは良く釣れるってことではないでしょうか?

 

餌を付けて投げる➡置き竿で待つ➡魚が食いつく➡向こうアワセ

 

飲まれることが無くても食いが立つと向こうアワセで掛かってくれます。誰にでもチャンスがあります!だからぶっこみ釣りはおもしろい(*^-^*)

過去の記事を読んでくれた方は分かると思いますが、僕のこだわりはそのチャンスである向こうアワセの状況を出来る限り作り出すこと、それが難しいあわせの確率をあげるコツであり、釣果を上げることだと思っています。

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-クロダイ(ちぬ), マダイ, 釣果アップ
-,