道具

竿立ても状況に応じて使い分け

2018/02/16






LINEで送る
Pocket

サーフの本来の意味は、 打ち寄せる波、砕け波らしいですが、釣りでのサーフはご存知「砂浜」です。 釣り場で一番好きなのはこのサーフです。

 

image-214a8

 

サーフスタンドを砂浜に立てて竿先ライトが叩かれる瞬間を待ちます。

こんなところで真鯛が揚がる。しかも大型が・・・たまりません。

平日の夜に誰もいない静かな釣り場、突然竿先ライトが暴れてドラグの逆転音が鳴り響く。

大きく合わせると重く強い引き。竿を立てて耐えるとキーーーーンと張り詰めた糸が鳴る。

 

スポンサーリンク

 

 

やっぱりたまらんです(笑)

まぁあとは引きずりあげるだけなのですが、大物ですと波打ち際からあがりません。

竿を立ててもしなるだけです。 ここは竿を立てたまま落ち着いて波待ちします。

波と同時に後ずさり(バック)します。こうすると意外に簡単にあげることができますよ。

 

試してみてください。

 

竿立ての使い分け

サーフの場合は砂浜の質で竿立てが変わります。

砂質ならサーフスタンドを使います。

一定間隔で竿を出すことができますし、本数の制限もありません。

 

三脚タイプは向きません。

激しく当たると三脚の脚が砂に刺さってそれ自体が傾いてしまいます。

もし三脚しかないのであれば前面の脚だけは敷き物をして沈まないようにしておきましょう。

 

砂利浜ならこれは三脚しかありません。

サーフスタンドは砂利の大きさにもよりますが、大抵の場合は刺さらず無理にすると曲がってしまうので気を付けましょう。

 

また一番厄介なのは、表面が砂ですぐ下は砂利の場合です。

これは何回も経験していましてサーフスタンドを曲げたことがあります。

こういった経験から、熟知していない釣り場には三脚とサーフスタンドを両方用意していきます。

image-2af05

 

ただしそれなりに重くなるので、細く軽量なものやアルミ製のものを選ぶようになりました。

アルミアングルタイプは、鉄製より強度が落ちますので使い方に注意が必要ですが、大切に使えば長持ちしますのでかなりおすすめです。


ベルモント アルミアングル竿立 カップ付 MS-078

 

そういえば、気になるアイテムがあるんです。それは次回で

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-道具
-, , , ,