マダイ ライン・ハリス 仕掛け

基本的な天秤は?真鯛の投げ釣り(ぶっこみ釣り)ならコレ!

2018/03/20






LINEで送る
Pocket

今日は良いお天気ですね~二人の方から釣果報告がありました。

一人はお子さんとファミリーフィッシング。もうひと方は、ルアーでサクラマス。

春は確実に近づいてます!(^^)! 昨年から道具を教えてほしいと言われることが多かったので改めて紹介してきましたが、皆さんが1番知りたかったのが仕掛けらしく。。。今日は仕掛けに少し触れてみます。

竿とリールに関しては、下記のリンクからご覧になって下さい。

あくまで僕の考えですので参考の参考までに・・・

 

スポンサーリンク

 

投げ釣り真鯛は「求める条件」と「竿の特性」を理解して選ぶべき!
投げ釣りやぶっこみ釣りで、マダイを狙うとき、竿は何を使ったらよいのか?選択(選ぶ)する基準は?悩みますよね・・。高いものは良いものですが、リスクを考えると、そこまで必要なのかと考えてしまいます。その釣りに求める条件と竿の特性が合えば、OKではないでしょうか?安いもので結構ですよ。僕がおすすめするダイワの・・・
投げ釣り真鯛「リール」最低限の基準を満たしたものを選びましょう。
大物投げ釣り、マダイのぶっこみ釣りに必要なリールを選ぶときは、最低このことだけは気を付けましょう。当たり前のことですが、選ぶ基準を紹介します。

 

☑道糸

僕の周りで多いのは、PEラインの2号以上+力糸の組み合わせです。

PEを使用する方のほとんどが、遠投を意識していますので強度と距離のバランスを考えて決めているみたいです。

個人的なことは何度もお話をしていますが、僕は、ナイロン!

基本は5号を、状況に応じてまれに4号~8号を使用しています。

 

ここ最近はアトミックスライダーグリーンを好んで使用していますが、グリーン・オレンジとも視野性は高いのでここは好みで良いですね。

強度がバッチリ。根掛かり回収時に針が伸びて帰ってくるくらいなので問題なし。 ラインのハリや滑りが良く、良く飛ぶラインです。

寿命が安価なラインの倍くらいありますし、1000m以上で販売しているのでコストパフォーマンスは高いです。

オススメです。

 

 

☑天秤

皆さんが良く聞いてくるのが天秤です。

最初に言っておきますが、何でも釣れますよ(笑)

こう言ってしまうと話は終わってしますのですが。。。

 

天秤は、遠投時の空中での姿勢や飛距離、仕掛けの絡みにくさなどがありますが、どんな天秤も水中に入ったら誘導(半誘導)か固定しかありません。

2パターンです。

これに関してもどこを求めるかで選択が変わってきます。

例えば、距離で言ったらタングステンを使用したものやL型天秤が良いと思いますし、違和感で言ったら全誘導がいいですね。

ただ、向こうアワセのこの釣りでは、固定式の天秤も針掛かりでは良い点になりますし、仮に30号以上のおもりでも、針掛かりをすれば真鯛は泳いでいきます(ラインは出ます)

で、僕が通常使用する天秤は、違和感が少なく、スムーズにラインが走る誘導式のL型天秤です。

投入時のトラブルが少なく、安価で王道と言ったところでしょうか?

 

 

 

また、飛距離が欲しい時や根掛かりが多い場所ではジェット天秤も使います。

根掛かりが多い場所では、回収時の浮き上がりが早く根や海藻を避けることができます。

それと、潮が早かったり、荒れてうねりがある時のハリス絡みを防ぐ為にも使用します。

絡みやすい時はかなり有効ですよ。

 

 

☑今回は定番商品を紹介しました

とりあえずこの2つの天秤があれば対応できることができます。

実際に僕も良く使うものなので、良かったら使ってみてください。

 

ここまでくれば、あとはハリスを結べば仕掛けの完成です。

基本仕掛けは一本針。 好みでビーズや夜行玉を通しても結構ですが、ほとんどの方がシンプルに何も付けません。

ハリスに針を結んでおしまいです。 アピールすることは大切ですが、基本はシンプルですね。

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, ライン・ハリス, 仕掛け
-, ,