マダイ ライン・ハリス 釣り雑談

真鯛の投げ釣り(ぶっこみ釣り)でハリス(仕掛け)を選ぶ条件

2018/03/29






LINEで送る
Pocket

さて本題です。

スレた魚は太ハリスを嫌うとあります。 

image-9d5ea

 

 

実際に別の釣りでサイトフィッシング(魚を確認しながら釣る)での反応は、食うか食わないかのどちらかです。

もちろん食わせるテクニックも存在しますが、魚には捕食のスイッチのようなものがあり、スイッチが入ればいとも簡単に、スイッチが入らなければ無反応もしくはなかなか口を使わないことになります。

ハリスの太さにほとんど差を感じないのは僕だけでしょうか?

では細ハリスにする意味は何でしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

これに関しては色々な意見があると思いますが、僕の考えでお話します。

 

釣りにおいて魚が口を使うのは、単純に餌と判断して口を使う通常の捕食行動と、急激な動きの変化や興味で思わず口を使う反射行動です。

今回の細ハリスが関係しているのは通常の捕食行動。自然な動きとなります。

 

話はそれますが、投げ釣りにおいて潮が早く流される場合、それを防ぐのに有効なのは、重りを重たくすることだけではありません。

道糸やハリスを細くする効果も非常に高いです。

ライン抵抗が大きい場合は、重りを重たくしても大抵は流されます。言ってみればライン抵抗は大きなものなんです。

 

自然な動きをさせたい場合に、このライン抵抗が不自然さを出してしまう・・・ マキエと同調させるフカセ釣りや落とし込みのような資質の釣りは、より自然にという観点から細いハリスが有効になると思います。

その場にエサを置いておく真鯛の投げ釣り(ぶっこみ釣り)には、少し遠い話となります。ではどんな条件で選べば良いのか?

 

ハリスを選ぶ条件で現在の僕の考え

①針を結んだ時にしっかりと締め込むことが出来ること

※技術と言われればそれまでですが、あまり太いハリスは締め込みが甘くなる可能性がある

 

②波やうねりで水中の仕掛けが絡まないこと

※水中の状況でハリスが絡みやすい場合は、太めのフロロを使用したり絡みにくい天秤で対応

 

③大物とのやり取り又は根や海藻などから取り込むことが可能なこと

※せっかく食わせた大物に逃げられないようリスクをさげる

上記3点の条件を主軸として、フロロは5~10号、ナイロンは7号~12号を使用しています。

 

 

これから真鯛を始めようとしている方には、フロロの8号をお勧めします。

製品紹介もせずにすいません。時間がないので・・・

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, ライン・ハリス, 釣り雑談
-, , , ,