マダイ ライン・ハリス

投げ真鯛にナイロンをおすすめするワケ

2018/02/16






LINEで送る
Pocket

ぶっこみ釣り(投げ釣り)で、真鯛を釣るためのラインにはPEとナイロンがあります。

 

基本は投げて魚を狙うので、PEラインが主流となります。 太さは人それぞれですが、2~3号が主流だと思います。

ただ私は、こだわりを持ってナイロンをオススメします。ベテランの方なら別ですが・・

 

 

スポンサーリンク

 

PEライン

PEは、ガイド絡みや遠投時のラインブレイク擦れ・傷に弱い、伸びが少なくあたりが止まる ところが挙げられます。 勿論メリットもたくさんあります。

飛距離が出る、伸びが少ない為小さなあたりを取れる強度がある耐久性がある

 

ナイロンライン

ナイロンはガイド絡みが少ない擦れ傷にPEよりも強い価格が安い、伸びがあるため魚に違和感を与えにくい

反対に、飛距離が落ちる点耐久性が低いことがデメリットになります。

 

遠投

これからはあくまで私の意見ですが…

まず飛距離に関して言えば、ナイロンでも100位飛ばすことが出来ますが、むしろ春の産卵で浅場に入ってくる魚を狙うのでそこまで距離は要りません。

そして置き竿の時のあたりですが、ナイロンでも本命が食えば間違いなくあたりがでます

一回の釣行で何回もアタリがでる釣りではないので、私はなるべく違和感を持たせないようにしてチャンスを大切にしています。

 

 

サンライン 遠投KB

 

ナイロンラインで遠投したい場合は、3号まで落とします。

また、遠投が必要のない釣り場、根掛かりや取り込み不安のある釣り場では8号まで使うことがあります。

その場の状況に合わせて変えられるよう替えスプールを用意しておくと重宝します。

 

 


ダイワ(Daiwa) アストロン磯 プロパックII 600m 5号

 

 


アトミックスライダー投 イエローグリーン 5号 1000m

 

 

 

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, ライン・ハリス
-, , ,