マダイ 釣り雑談

釣れない?釣果が伸びない?「投げ釣り真鯛」同じ悩みを持つ人に・・・

2018/03/20






LINEで送る
Pocket

春に向けて準備。。というにはまだ早いですが・・・

この時期に「投げ釣り・真鯛・仕掛け」で検索されて見に来てくれる人がいらっしゃいます。

 

ありがとうございます!

 

 

ぶっこみ釣り(投げ釣り)における真鯛の釣れる時期や、仕掛けなどを含めたタックル(僕の偏見も含め)を中心に、また雑談を含め記事を書いています。

 

真鯛を釣ってみたいという人や、なかなか釣れないという人のお力になれば幸いです!

 

 

まずは、なぜ僕が投げ真鯛(投げ釣り真鯛)を紹介するのか・・・

そもそも、僕がぶっこみ釣り(投げ釣り)を始めてから、2年間、一枚も釣れませんでした・・・

 

スポンサーリンク

 

小さい頃は、台所からにぼしを拝借して、タコ糸に結びザリガニを釣っていました。

これが僕の釣りの原点です。

ザリガニは、いれば食いつき、いなければ当たり前ですが無反応。

探る釣りでしたので、色々試しているうちに着きやすい場所や誘い出し方、抜き上げ方など知らず知らずのうちに学ぶことが多かったと思います。

 

その後は、ヘラブナ釣り。

エサや仕掛けの多さ、ウキの動きから水中を想像することなど、のめり込む魅力が満載でした。

現に今でも、最も面白い釣りだと思っています!

それから、淡水では銀ブナ・コイ・ブラックバス・ライギョ。

海は定番のアジやシーバス、根魚、チヌ、アオリイカ、真鯛など、いろいろな種類の釣りをしてきました。

 

 

☑ぶっこみ釣りに出会う

さてぶっこみ釣りの話に戻しますが

 

当時仕事をしていた会社の先輩がぶっこみ釣りをしていまして、興味があったので連れて行ってもらったのがこの釣り最初です。

その人は僕の師であり、大物の実績もあります。

釣り場で、道糸におたふくオモリを通して、ハリスに針を結ぶだけ!

エサを付けてビュンって投げて・・・

あとは、竿先を見ながら待っているだけです!

 

退屈です・・・(笑)

 

その頃はブラックバスに夢中で、魚を探す釣りをしていたので、とにかく待ってられない(-_-;)

竿先が動くとアタリだと思って、先輩に「食った?」って聞きますが、「波だよ」って返されて・・・

 

そのうちエサが無いんじゃないかとか、投げた場所が悪いんじゃないかとか、色々と考えるわけなんです。

 

その度に、回収してエサを確認したり投げる場所を変えてみたり、時には足元に落としてみたり・・・ほんと我慢が効かないというか、ホントちゃわちゃわしてました。

 

先輩は、投げたら投げっぱなし。

「そろそろエサを変えるかな?」ってたまに交換をするくらいなものです。

でもね~釣るんですよ。

 

当たり前のように、僕はボウズ・・・全く釣れませんでした!

 

先輩と一緒に釣りをしていても、何が違うのか?何がいけないのか?がわかりませんでした。

で、ぶっこみ釣りを調べに本屋に行きましたが、ぶっこみ釣りは人気が無いのか?あまり知られてないのか?

なかなか専門書がないんですよね!

 

一枚も釣り上げていないのに、「ここでやめられるか~」ってことで、モード突入!

先輩に竿とリールを教えてもらい、釣具屋さんで予算に応じたタックルを購入。

当時は遠投磯竿の5号に、5,000番のリールだったと思います。

 

それから幾度と挑戦し、2年間一枚も釣れませんでした・・・本気で悩みました

 

アタリがあってものらず・・・

針のサイズ・種類を変えたり、色を塗ってみたり、時にはコイの吸い込み針を使ってみたり・・・

エサも色々試して、ハリスも釣り場も変えて竿も増やして、色々やってはみたのですが・・・ やっぱり釣れない・・・

 

 

 

2年が過ぎ、次の年の春が訪れたとき、辞めるにやめられない状況だった僕は、ある誓いをしました。

 

 

☑釣れるまで毎日ぶっこむ

心に決めてから先輩に内緒で、毎日通いました。

さすがにここまでやると、仕掛け作りはお手の物。

鯛を釣ったことはないのに、仕掛け作りは熟練者並みです(笑)

その日も慣れた手つきで仕掛けを作り、エサを付けて投入。

 

ぎょぎょライトを付けた竿先を眺めていると、先輩から着信。

 

先輩「今〇〇で飲んでるから来ないか?」

僕「実は・・・今〇〇で釣りしてるんです」

先輩「そっか~、じゃ釣れたら連絡しろよ~」

って電話を切り、1時間位経ったとき・・・

 

 

 

ついに来ました!!

竿先に付いているぎょぎょライトが、

バンバン・・グググ~

「おおお~~~~~~~~~」

焦って抜けた苦い思い出が何回もあったので、ドキドキしながら、焦らずに、ゆっくりと竿に近づきます。

 

心臓バクバクで竿を持つと、ビヨヨヨ~ン・・・・・っと抜けてしまいました。

 

「えっ」

っと思った瞬間

 

グググ~っと再び竿先が入っていき

「おりゃ~」って合わせると、グイグイと引いてましたわ。

 

心の中で「バレるなバレるな~頼むから」と言いながらゴリ巻きをして

無事に水揚げ完了!

 

41.5センチの小さな黒鯛でしたが、ぶっこみで釣った初めての鯛!

手はブルブル震え、興奮して思わず叫んじゃいました!!

「ヨッシャ~~~~~~」

 

で、先輩に電話をすると

先輩「おい、まさかのまさかか?」

僕「そのまさかですよ~」

 

喜んでくれたこと、今でも忘れませんね!

小さなチヌでしたが、やってて良かったと思いましたし、あれから16年位ず~っと続けている釣りです。

 

ここまで釣れなかった僕は、特別ですが、正直ポンポンと釣れる釣りではありません。

ただ、真鯛をはじめ釣れれば大物という点がこの釣りの魅力です。

 

春のノッコミ(産卵時期)が、大物ぶっこみ釣りの季節です。

大型の鯛の強い引きと水揚げしたときの感動は、少しの我慢を忘れさせてくれます。

 

タックルも進化して、それなりの時間がこの釣りを確立してきました。

多くの方が試行錯誤しながらやってきましたが、 同時に

 

辞めない理由もこの釣りにはあります。

それは釣った人にしかわからない!

 

なかなか釣れないと悩んでいる人や、挑戦したいと考えている人のお役に立てれば幸いです。

このブログを通じて、多くの人が喜んで頂けることを願っております!

 

【釣果】真鯛の投げ釣り(ぶっこみ釣り)を公開!たまにはね・・・
5月の後半から、「ぶっこみ釣りの釣果を記事にしてくれませんか?」という声が多く寄せられてます・・・ 釣果アップをするということは、釣行して、釣れた魚の画像を撮って、記事を書いて・・・と、まぁけっこうな大変なんです・・・正直話! 春の乗っ込みシーズンは期間が限られているということもあって、個人的に立てた目標達成
LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-マダイ, 釣り雑談
-, ,