地域

上越の日本三大夜桜(観桜会)

2018/02/16






LINEで送る
Pocket

上越のマダイの本格的なシーズンは5月の中旬から6月の後半となります。

この頃になると水温が安定してきます。

感覚的な話をすると、水温が13度から産卵を意識して15度になると浅場に入り込んでくる感じです。

極端に確率は下がりますが4月の中旬を過ぎると早い人は釣果を出します。ただなかなか釣れませんが・・・

 

上越市の高田には高田公園がありまして、日本三大夜桜で有名な観桜会があります。

 

image-2322b

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

上越観光ネット

 

image-556df

image-d6ad0

 

高田公園の桜は、旧陸軍第十三師団の入城を記念して明治42年(1909年)に在郷軍人会によって2,200本の桜が植えられたのが始まりです。

現在は公園や、その周辺を含めて約4,000本の桜があるといわれています。

夜になると三重櫓と桜がぼんぼりの明かりに映え、お堀の水面にうつる様は日本三大夜桜の一つにも数えられ、よりいっそうの華やかさにつつまれます。

毎年開催される「高田城百万人観桜会」では、春を待ちかねた市民はもとより各地から花見に訪れる人たちで賑わいます。

(上越市HPより)

 

僕は、観桜会が終わりますといよいよかな~と真鯛を意識します。

確率は低い釣りですので行けば釣れるものではないですが、一度だけその釣り場全体で十数枚釣れた時もありました。

また経験してみたいです(笑)

 

船で釣果が出ると時間差で投げ釣りで釣れます。ただし同時に釣れた年もあるのであくまで目安にすると良いと思います。

終わりは6月前半(梅雨入り)あたりでフェードアウトしていきます。 乗っ込みシーズンの夜釣りは、とにかく寒いのでしっかりと防寒対策して臨んでください。

最近は暖かくなる下着・肌着にハイネック、厚手のスウェットを重ね着をしてタイツもはいて、釣りの上下のウエアを着ます。貼るホッカイロも用意していきます。

寒いと集中できませんから結構重要です。 さて今年は暖冬。これがどう影響するか・・今から楽しみです。

LINEで送る
Pocket

nessaw.com 記事下336*280



新着記事(トップページ)はこちらから
Redwave

-地域
-, , ,